地震 想定 知識

「首都直下地震」被害想定は?気をつけたいことは?

東京など首都圏を襲う「首都直下地震」とはどういった地震なのか。国の被害想定と発生確率は。大規模火災、帰宅困難、群集雪崩、SNSで拡散するデマのリスク、住まいや経済へのダメージは。日本全国の人々に長年にわたって続く大きな影響とは。備えも含め記事をまとめました。

目次

    首都直下地震 被害想定 死者約2万3000人

    banner

    国は、首都直下地震が起きると、最悪の場合、死者はおよそ2万3,000人、経済被害はおよそ95兆円に達すると想定しています(2013年公表)。一方で、建物を耐震化して火災対策を徹底すれば死者を10分の1に減らせる可能性があります。お住まいの地域が詳しく見られる『被害想定マップ』も掲載しています。

    ⇒「首都直下地震 被害想定 死者約2万3000人」続きを読む

    首都直下地震 死者の7割は火災で

    banner

    首都直下地震で国は、最悪の場合、約2万3,000人と想定される死者のうち、7割にあたる1万6,000人が火災によるもとしています。背景には消防力の限界も。火災が起きないための事前の備えと初期消火がカギを握ります。

    ⇒「首都直下地震 死者の7割は火災で」続きを読む

    首都直下地震「今後30年で70%」その根拠は

    banner

    今後30年間に70%の確率で起きると言われている首都直下地震。本当に起きるのか。国の想定の根拠は何か。そこには過去に南関東などで発生したとされる地震の記録がありました。

    ⇒首都直下地震「今後30年で70%」その根拠は 続きを読む

    首都直下地震 助かるためのキーワード

    banner

    首都直下地震。漠然と恐れるのではなく、どんなことが起こりえるのかを知っておくことが命を守ることにつながります。「火災旋風」「同時多発火災」「群集雪崩」「地震洪水」4つのキーワードと、内閣府の被害想定をもとに「発生から7日間」どんな被害・影響が続くのかをまとめました。

    ⇒「首都直下地震 助かるためのキーワード」 続きを読む

    拡散する“災害デマ”に気をつけて

    banner

    災害時に必ず流れるデマや根拠のないうわさ。首都直下地震が起きると、近年にない深刻な事態につながるおそれがあると専門家は指摘します。SNSの発達で「拡散」のスピードが、かつてなく速くなっていることも原因です。“災害デマ”は、なぜ拡散するのか。理解するためのキーワードは「不安」「怒り」「善意」です

    ⇒「拡散する“災害デマ”に気をつけて」 続きを読む

    帰宅困難者「群集雪崩」の危険

    banner

    東日本大震災で社会問題になった帰宅困難者。首都直下地震では最大800万人にものぼると予測されています。実はこの帰宅困難者に命の危険が及ぶケースがあることがわかってきました。専門家は「ただ家に帰るのが難しい問題」だけではなく、人が折り重なって倒れる「群集雪崩」の危険があると警鐘を鳴らしています。

    ⇒帰宅困難者「群集雪崩」の危険 続きを読む

    “首都直下地震” その時、どこにも住めない!?

    banner

    あなたの住む街を大地震が襲い、自宅が壊れてしまったとしたら…代わりに住む家をイメージできますか。「プレハブの仮設住宅」「賃貸のアパートやマンション」がある?どこにも住めなくなるなんてありえない?首都直下地震の後の住まいについて取材を進めていくと、このままではそれが現実となる可能性が浮かび上がってきました。対策はあるのでしょうか。(記事2019.04.08)

    ⇒「“首都直下地震” その時、どこにも住めない!?」 続きを読む

    “地獄絵図”「被災ツリー」で見えた3つの危機

    banner

    「これは、日本の“地獄絵図”に近い」 長年、災害を研究する専門家は、あるものを見てつぶやきました。首都直下地震の“被災ツリー”です。あぶり出された被害は2000以上。「未治療死」や「住宅難民」、それに「財政破綻」まで。作成の過程で見えてきたのは、地震からなんとか生き延びたあなたを次々と待ち受ける、3つの大きな危機でした。(記事2019.12.06)

    ⇒“地獄絵図”「被災ツリー」で見えた3つの危機 続きを読む

    首都直下地震で経済はどうなる

    banner

    「水の値段が5倍になって、闇市ができる」 戦後の日本の話ではありません。エコノミストによる、首都直下地震が起きたあとの「日本の未来予測」のひとつです。NHKが開いた、地震後の経済への影響を予測するエコノミストたちの座談会。そこで出てきた「最悪のシナリオ」は、日本を待ち受けるかもしれない、驚きの事態ばかりでした。(記事2019.12.18)

    ⇒「首都直下地震で経済はどうなる」 続きを読む

    首都直下地震が起きる前に、備えの確認を

    地震発生 その時どうする!?

    banner

    大きな地震が発生!緊急地震速報も! その時、どうすればよいのか。地震発生直後に身を守るために注意すべきポイントを場所ごとにまとめています。

    ⇒「地震発生 その時どうする!?」 続きを読む

    地震が起きたら 火災にも注意

    banner

    地震では激しい揺れだけでなく火災にも注意が必要です。国の首都直下地震の被害想定では死者の約7割は火災が原因と推計されています。一方、事前の備えや直後の対策を徹底することで被害を大きく減らすこともできるとしています。いざというときに自分や周りの人の命を守るため、一人一人ができる対策です。

    ⇒「地震が起きたら 火災にも注意」 続きを読む

    災害に遭う前に 生活のために備蓄しよう

    banner

    「災害に備えて『備蓄』が必要」知っていても、何を、どれくらい備蓄すればいいかわからない人も多いと思います。そんな人のために、これだけは備えてほしいもの、そして、無理なく備蓄するためのコツをまとめました。ローリングストックや高齢者、赤ちゃん、アレルギーがある人の食品など備蓄のポイントも。

    ⇒「災害に遭う前に 生活のために備蓄しよう」 続きを読む