災害列島 命を守る情報サイト

今後30年以内に高い確率で起きると予測されている列島各地の大地震。いつかは必ず噴火する富士山…。どこで何が起きるのか? 「命を守る」ために知っておかなければならない情報です。

地震 水害 避難 想定 知識

「南海トラフ巨大地震」被害想定は?臨時情報は?

「南海トラフ巨大地震」とはどういった地震なのか。国の被害想定と発生リスクは。そして「南海トラフ地震臨時情報」はどんな時に出されるのか。南海トラフ巨大地震や備えについて特集記事をまとめました。

目次

    「南海トラフ巨大地震」被害想定 死者32万人超

    banner

    国は、南海トラフの巨大地震が起きると、震度7の激しい揺れや10メートルを超える大津波が太平洋沿岸を襲い、最悪の場合、死者は32万人を超え、経済被害も220兆円を超えると想定しています。一方で、対策を進めれば被害を大幅に減らせる可能性があります。

    ⇒「南海トラフ巨大地震 被害想定 死者32万人超」続きを読む

    「南海トラフ地震 臨時情報」とは?

    banner

    「南海トラフで巨大地震が発生する可能性が高まった」という臨時情報とはどういう情報?臨時情報が出た場合の対応は?津波からの避難が間に合わない地域では、あらかじめすべての住民が避難し、期間は「1週間」としています。

    ⇒「南海トラフ地震 臨時情報とは?」続きを読む

    南海トラフ巨大地震 発生確率70~80%に

    banner

    南海トラフの巨大地震が今後30年以内に起きる確率について政府の地震調査委員会は「70%から80%」に見直し公表しました。専門家は「非常に高い確率で、地震への備えを進めてほしい」と話しています。

    ⇒「南海トラフ巨大地震 発生確率70~80%に」続きを読む

    「スーパーサイクル」 “超”巨大地震の周期とは

    banner

    東日本大震災の発生で、地震や津波の想定は大きな見直しを迫られました。過去の痕跡の調査から浮かび上がってきたのは、広域に甚大な被害をもたらす“超”巨大地震ともいえる地震が数百年単位で起きる「スーパーサイクル」という周期の存在です。日本の沿岸各地に「スーパーサイクル」が存在し、しかも発生が切迫しているおそれのある場所も見えてきています。

    ⇒「スーパーサイクル」 “超”巨大地震の周期とは 続きを読む

    南海トラフ もう一つの津波想定

    banner

    南海トラフ巨大地震で最大クラスの地震が起きた場合、津波の高さは広範囲で10メートル以上、高いところで34メートルと想定されています。一方、これとは別に2020年1月に公表されたのが「30年以内に津波に襲われる確率」。10メートル以上の津波に襲われる確率は高知県や三重県の高いところで「6%以上26%未満」となりました。一見低いようですが、実は「高い」確率だといいます。

    ⇒「南海トラフ もう一つの津波想定」 続きを読む

    大地震・大津波が起きる前に、備えを

    地震発生 その時どうする!?

    banner

    大きな地震が発生!緊急地震速報も! その時、どうすればよいのか。地震発生直後に身を守るために注意すべきポイントを場所ごとにまとめています。

    ⇒「地震発生 その時どうする!?」 続きを読む

    津波が発生したら…その時どうする?

    banner

    「大津波警報」や「津波警報」の発表、海岸近くで強い揺れを感じたら…「一刻も早く海岸や川の河口近くから離れ、高台に避難を」津波に襲われると、命の危険に直結します。すぐに逃げて下さい。

    ⇒「津波が発生したら…その時どうする?」 続きを読む

    災害に遭う前に 生活のために備蓄しよう

    banner

    「災害に備えて『備蓄』が必要」知っていても、何を、どれくらい備蓄すればいいかわからない人も多いと思います。そんな人のために、これだけは備えてほしいもの、そして、無理なく備蓄するためのコツをまとめました。ローリングストックや高齢者、赤ちゃん、アレルギーがある人の食品など備蓄のポイントも。

    ⇒「災害に遭う前に 生活のために備蓄しよう」 続きを読む


    banner
    NHK防災・命と暮らしを守るポータルサイト