地震 水害 避難 知識

津波が発生したら…その時どうする?

「一刻も早く海岸から離れ、高台に避難を」
津波に襲われると、命の危険に直結します。海岸や川の河口近くにいる人はすぐに逃げて下さい。

目次

    津波警報と注意報

    ★大津波警報(予想高 3m超)

    多くの方が犠牲になった2011年の東日本大震災で発表された警報です。
    木造家屋が全壊、流出し、人が巻き込まれると命を失う危険性が非常に高くなります。

    ★津波警報(予想高 1m超3m以下)

    低い土地では浸水被害が発生、人が巻き込まれると命を失う危険性が高くなります。

    ★津波注意報(予想高 0.2m以上1m以下)

    海中では人は速い流れに巻き込まれるほか、養殖いかだなどが流出します。
    ただ、海岸や川の河口付近に近づきさえしなければ比較的安全です。

    津波の特性

    basic-knowledge_20211105_01_02

    津波は海面が盛り上がり大量の海水が流れ込む現象で、通常の波と破壊力が圧倒的に異なります。数十センチの津波であっても足元をすくわれる危険性があります。

    高い津波の場合、斜面を駆け上がり、内陸深くまで流れ込むおそれもあります。何度も押し寄せて予想の高さを超えることがあります。

    避難で心がけること

    basic-knowledge_20211105_01_04

    特に大津波警報、津波警報が発表された地域では、一刻も早く避難することが重要です。
    家財も大切ですが、最も大切なのは「命」です。

     ✅津波が見えないからと安心せず、高台などへ避難
     ✅立ち止まったり、引き返したりしない
     ✅周りの人にも呼びかけながら避難

    事前に危険性確認を

    自治体が指定する避難場所や避難所には、津波に対応していない所もあります。
    東日本大震災では避難所に逃げ込んだのに、犠牲になった人もいました。

    常日頃からハザードマップなどで津波の浸水想定のほか、避難場所や避難所を確認することが大切ですが、まずは「高台など安全な場所に逃げて命を守ること」が重要です。

    沿岸部の人は「揺れたら避難」を

    basic-knowledge_20211105_01_03

    沿岸部で震源が近い場合は、津波警報の発表よりも先に津波が押し寄せることもあります。沿岸近くに住む人は「強い揺れを感じたら、直ちに避難!」が鉄則です。