コロナワクチン、子どもは? 対象年齢は? 妊婦は? 一度感染した人は接種すべき? 既往歴のある人は? 接種の条件に関するQ&Aをまとめました。

目次 ※ クリックすると各項目に移動 ※ タップすると各項目に移動

    Q.ファイザーワクチン 12歳から15歳の効果と副反応は?

    A.
    ファイザー社製の新型コロナウイルスのワクチンは、現在、日本でも12歳以上が接種の対象となっています。

    このワクチンの添付文書には、12歳から15歳までを対象とした臨床試験のデータが掲載されています。

    それによりますと新型コロナウイルスに感染したことがない1983人のうち、ワクチンを接種した1005人では接種後に感染した人はいなかったのに対して、偽薬と呼ばれる偽のワクチンを投与した978人では16人で感染が確認されたということです。

    このデータからは12歳から15歳までのワクチンの有効性は100%となります。

    また、アメリカのCDC=疾病対策センターのウェブサイトにまとめられた臨床試験のデータによりますと、12歳から15歳のこのワクチンの副反応は、次のようになっています。

    ・注射した部分の痛みが1回目の接種後で86.2%、2回目の接種後で78.9%
    ・38度以上の発熱が1回目の接種後で10.1%、2回目の接種後で19.6%
    ・疲労感が1回目の接種後で60.1%、2回目の接種後で66.2%
    ・頭痛が1回目の接種後で55.3%、2回目の接種後で64.5%

    一方で、強いアレルギー反応のアナフィラキシーは、この時点では報告がなかったということで、そのほかの深刻な副反応もみられていないということです。

    ただ、発熱や頭痛などの比較的軽い副反応は高齢者に比べて若い世代のほうが強く出る傾向がみられ、例えば38度以上の発熱は、いずれも2回目の接種で、12歳から15歳まででは19.6%だったのに対して、18歳から55歳では15.8%、56歳以上では10.9%などとなっています。

    また、日本小児科学会では2021年6月16日に子どもへのワクチン接種に対する考え方を公表しています。

    この中では、健康な子どもへのワクチン接種について、感染対策で子どもの生活がさまざまな制限を受けていることや感染した場合まれに重症化することなどを挙げて接種する意義はあるとしました。

    ただ、子どもは新型コロナウイルスに感染しても軽症が多いことなどから、ワクチンを接種する際には子ども本人と養育者がメリットとデメリットを十分に理解していることや、接種の前からあとまできめ細やかな対応を行うことが必要だとしています。

    (2021年6月16日時点)

    目次に戻る

    Q.接種に際しての注意点は

    A.
    高齢者に対する新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりましたが、中には注意が必要な人や受けられない人がいるほか、受ける前後にも注意すべき点があります。
    接種に注意が必要な人として、厚生労働省は▼血液が止まりにくい病気の人や▼血液をさらさらにする薬を飲んでいる人、▼心臓や血液、腎臓や肝臓、それに免疫の病気で治療中の人▼けいれんを起こしたことがある人や、薬や食品に対するアレルギー症状が出たことがある人を挙げています。

    また、接種を受けることができない人として▼体温が37度5分以上など、明らかに発熱している人や▼重い急性の病気にかかっている人、▼ワクチンに含まれるポリエチレングリコールなどの成分に対して、重い過敏症を起こしたことがある人などを挙げています。

    ワクチンの接種を受ける際には、住所のある自治体から届く「接種券」と、免許証や健康保険証などの本人であることを確認できる書類を持参するとともに、肩に近い腕に接種するため、肩を出しやすい服装で接種会場に来てほしいと呼びかけています。

    ワクチンの接種を受けたあとは、▼接種会場で15分以上、様子を見ること、▼特に、過去に重いアレルギー反応、アナフィラキシーを起こしたことがある人や失神したことがある人などは30分以上、会場に待機し、異常を感じたときには速やかに医師に伝えるよう求めています。

    さらに、厚生労働省はワクチンを受けたあとでも、マスクの着用や手洗い、「3密」を避けるなどの基本的な感染対策は続けるよう呼びかけています。

    感染症の治療が専門で、新型コロナウイルス患者の治療を続けてきた国立国際医療研究センターの忽那賢志医師は、「けん怠感などが強く出る可能性があるため、接種の翌日には予定を入れない方が無難かもしれない。当日の入浴などは問題ないが、飲酒や激しい運動は控えめにした方がよい」と話しています。

    今回のワクチンは、副反応が出る頻度はインフルエンザなどのワクチンに比べて高いものの、発症や重症化の予防だけでなく、感染を防ぐ効果も確認されてきているとして、忽那医師は「接種する意義が十分あるワクチンで、持病のある家族などに感染を広げないというメリットもある。効果と副反応の多さを天秤にかけると効果の方が上回ると考えている。自身のために、周りの人のために接種を検討してほしい」と話しています。

    (2021年4月12日時点)

    目次に戻る

    Q.これまでに感染して回復した人も接種したほうがいい?

    A.
    アメリカのCDC=疾病対策センターは新型コロナウイルスに感染して回復したあとでも、ワクチンを接種するように呼びかけています。

    ワクチンの安全性について、CDCはウェブサイトで、アメリカで接種が行われている「ファイザー」や「モデルナ」のmRNAワクチンを念頭に、臨床試験のデータから、過去に感染した人にも安全に接種できることが示されていると説明しています。

    また、感染し回復した人にもワクチンを接種するよう呼びかけていて、その理由として▼感染して回復したあとで免疫の働きによってどの程度の期間、再び発症を防げるか分かっていないことや、▼感染したことで得られる「自然免疫」にどの程度の効果があるか、人によって異なることを挙げています。

    一方で、CDCは回復した人からの血しょうを投与する治療や、人工的に作った抗体の薬を使う治療を受けた場合は90日間待つ必要があるとして、医師に相談するよう呼びかけています。

    (2021年2月12日時点)

    目次に戻る

    Q.子どもへの接種は?安全性は?

    A.
    日本国内で新型コロナウイルスの接種の対象となっているのは、接種の日に12歳以上の人です。

    国内ではファイザーのワクチンは12歳以上、モデルナのワクチンとアストラゼネカのワクチンは18歳以上で接種が可能になっています。

    アストラゼネカのワクチンは、実際に接種を推奨する年齢はまだ決まっていません。

    子どもへの接種について、日本小児科学会と小児科の開業医などで作る日本小児科医会は2021年6月16日、オンラインで合同の会見を開き、それぞれの見解を公表しました。

    それによりますと、健康な子どもへのワクチン接種について、感染対策で子どもの生活がさまざまな制限を受けていることや、感染した場合にまれに重症化することがあること同居する高齢者がいる場合には感染を広げる可能性もあることから接種する意義はあるとしました。

    ただ、子どもは新型コロナウイルスに感染しても比較的軽症であることなどから、ワクチンを接種する際には子ども本人と養育者がメリットとデメリットを十分に理解していることや、接種の前から後まできめ細かい対応を行うことが必要だとしています。

    また、海外では、子どもで発熱や接種した部位の痛みなどの副反応が出るケースが比較的多く報告されているとしてきめ細かい対応を行うためにできれば個別接種が望ましいとしています。

    一方、基礎疾患のある子どもについてはワクチン接種で重症化を防ぐことが期待されるとしていて、健康状況をよく把握している主治医と養育者の間で体調管理について接種の前に相談することが望ましいとしています。

    (2021年6月28日時点)

    目次に戻る

    Q.「ワクチン接種で不妊」の情報、真偽は?【デマに注意】

    A.
    「ワクチンを接種すると不妊になる」といった情報が広まっていますが、専門家は科学的根拠のない誤った情報だとして注意を促しています。

    この情報は、ワクチンで作られた抗体が胎盤に悪影響を与えるとするものですが、新型コロナのワクチンに詳しい専門家は、抗体は胎盤に関わるたんぱく質を攻撃しないことが分かっていて、誤った情報だとしています。

    新型コロナワクチンについて最新情報を提供するウェブサイト「CoV-Navi」を運営している木下喬弘医師によりますと、「胎盤の形成に関わるたんぱく質は、新型コロナウイルスの表面のたんぱく質と形が似ていて、ワクチンで作られた抗体によって攻撃される」という誤った情報がSNSで広まったのが元になっているということで、アメリカの新型コロナウイルスの研究者が検証したところ、胎盤の形成に関わるたんぱく質と新型コロナウイルスのたんぱく質は形がほとんど似ていなかったということです。

    木下医師は「抗体は、胎盤の形成に関わるたんぱく質を攻撃しないことがわかっている。自分だけでなく将来の子どもへの影響を心配する気持ちは非常によく分かるが、正しい情報を集めてもらいたい」と話しています。

    また、ワクチンについて担当している河野規制改革担当大臣も今回のワクチンで不妊が起きるという科学的根拠は全くないと強調しています。

    一方、ワクチンを接種したあとで男性の精子の量にも変化はなかったとする研究も出されています。

    アメリカのマイアミ大学が行った研究の論文によりますと、25歳から31歳の成人男性45人について、ファイザーのワクチンを接種する前と2回目の接種を受けてから2か月以上たったあとで精子の量や濃度、運動量を比較したところ、有意な減少は見られなかったとしています。

    (2021年7月29日時点)

    目次に戻る

    Q.「ワクチン接種で流産」の情報、真偽は?【デマに注意】

    A.
    厚生労働省は新型コロナウイルスのワクチンについて「接種を受けた方に流産は増えていません」としていて、SNSなどでデマを含む誤った情報が広がっていることに注意を促しています。

    妊婦に対するワクチン接種の影響については、アメリカのCDC=疾病対策センターのグループが、2020年12月から2021年2月までにファイザーかモデルナのワクチン接種を受けた16歳から54歳までの妊婦3万5691人で影響を調べた初期段階の研究結果を論文に発表しています。

    それによりますと、流産や死産になった割合や生まれた赤ちゃんが早産や低体重だった割合は、ワクチン接種を受けた妊婦と新型コロナウイルスが感染拡大する以前の出産で報告されていた割合と差がありませんでした。

    またワクチンを接種した妊婦で生まれたばかりの赤ちゃんの死亡は報告されていないとしています。

    一方で、妊娠している女性が新型コロナウイルスに感染すると、同世代の女性よりも重症化する割合が高いことが報告されていて、日本産科婦人科学会などは2021年6月、ワクチン接種によって母親や赤ちゃんに何らかの重篤な合併症が発生したとする報告はなく、希望する妊婦はワクチンを接種することができるとしたうえで、「ワクチン接種するメリットが、デメリットを上回ると考えられている」などとする声明を出しています。

    (2021年7月29日時点)

    目次に戻る

    Q.妊婦への接種は?安全性は?

    A.
    新型コロナウイルスワクチンの妊婦への接種について、厚生労働省は妊娠中や授乳中、妊娠を計画中の人も接種できるとしています。

    妊婦へのワクチンについては、日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会が2021年8月14日に提言をまとめています。

    この中では、国内で接種が行われているファイザーやモデルナのmRNAワクチンについて、妊娠の時期にかかわらずワクチンの接種を勧めるとしています。

    さらに妊婦の感染はおよそ8割が夫やパートナーからだとして、妊婦だけでなく夫やパートナーについてもワクチンを接種するよう呼びかけました。

    提言では、妊娠中、特に妊娠後期に新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいとされているとしたうえで、妊婦がワクチンを接種しても流産や早産などの頻度は差が無いと報告されているとしました。

    そして、特に感染の多い地域の人や、糖尿病や高血圧、気管支ぜんそくなどの基礎疾患がある人は、ぜひ接種を検討してほしいとしています。

    また、副反応については妊婦と一般の人に差はなく、発熱した場合には早めに解熱剤を服用し、解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンは頭痛がある場合にも服用して問題ないとしています。

    接種を希望する際の注意点としては、あらかじめ健診を受けている病院の医師に相談し、接種しても良いとされれば、接種会場の問診医に伝えて接種を受けることや、2回のワクチン接種を終えたあとも、これまでと同様にマスクの着用や人混みを避けるなどの対策を続けることなどを挙げています。

    アメリカCDC=疾病対策センターは、2021年8月11日に、妊娠中の女性が新型コロナウイルスのワクチンを接種することによる安全性に懸念はみられないとする分析結果を公表し、妊娠中の女性にも接種を強く推奨する声明を出しました。

    CDCでは「mRNAワクチン」について、妊娠20週までに1回以上接種したおよそ2500人の女性の分析を行いました。

    その結果、流産した割合はおよそ13%で、一般的な流産の割合、11%から16%と比べて差は無かったということです。

    このため「接種した人で流産のリスクが高まることはなかった」として、安全性に懸念はみられないと結論づけました。

    CDCのワレンスキー所長は「感染力の強いデルタ株の拡大でワクチンを接種していない妊婦の重症化がみられる中、これまで以上に接種が急がれる」とする声明を出し、利益がリスクを上回るとして、接種を強く推奨しました。

    また、CDCが2021年6月に公表した論文では、2020年12月14日から2021年2月28日の間にワクチンを接種した人のうち、妊娠していた16歳から54歳の3万5691人について、ファイザーかモデルナのワクチンを接種したあとに症状が出た割合や赤ちゃんへの影響を調べています。

    このうちワクチン接種後に出た症状について、たとえば25歳から34歳までの妊婦では、2回の接種のあと、▽接種した部位の痛みが出た割合は91.9%と、妊婦以外の女性の90.5%よりやや高かった一方、▽けん怠感は72.3%で、妊婦以外では76.3%、▽頭痛は56.5%で、妊婦以外では66.4%、▽発熱は34.8%で、妊婦以外では50.9%と、妊婦の方が頻度が低くなっていました。

    流産や死産になった割合、それに生まれた赤ちゃんが早産や低体重だった割合は、ワクチンを接種した妊婦でも、新型コロナウイルスの感染拡大以前の出産で報告されていた割合と差が無かったほか、ワクチンを接種した妊婦で生まれたばかりの赤ちゃんが死亡したという報告は無かったということです。

    (2021年8月19日時点)

    目次に戻る

    Q.接種前後の体調や行動は注意した方がいい?

    A.
    ワクチンの接種に際して、体調がすぐれない場合などには控えるようすすめられることがあります。 厚生労働省は▼37点5度以上など明らかに発熱している人や体調が悪い場合などは接種を控え、▼持病のある人や治療中の人は接種前の診察の際に医師に相談するよう呼びかけています。

    そして、接種を受けたあとは、アレルギーが出ないか確認するため15分以上施設で待ち、体調に異常があった場合は医師に連絡するよう呼びかけています。 その後、接種した当日は、入浴は問題ないということですが、注射した部分をこすらないようにして、 激しい運動を控えることが必要です。ワクチンに詳しい北里大学の中山哲夫特任教授によりますと入浴や日常生活の範囲内での 深酒にならない程度の飲酒は問題がないとしています。

    一方、接種に際しては接種することへの不安が引き金になってめまいや過呼吸などの症状が出ることがあるほか、 集団接種を行う際にはまわりの人にも不安が広がるおそれもあります。政府の分科会メンバーで川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は、不安を感じたときに相談できる体制を作っておく必要性を指摘しています。

    (2021年2月16日時点)

    目次に戻る

    Q.接種後の解熱剤はいい?

    A.
    新型コロナウイルスのワクチンを接種したあと熱が出たり痛みがあったりしたとき、解熱剤や痛み止めなどの薬を服用してもいいのでしょうか。

    副反応への対処の方法をまとめました。

    新型コロナウイルスのワクチンでは、接種したあとに熱や痛みなどの副反応が起こることがあります。こうした副反応は接種して1日から2日以内に起こることが多く、数日で消えるとされています。

    中には、比較的高い発熱が続いたり、痛みが強い場合もあり、厚生労働省はウェブサイトで「必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして様子をみていただく」などとしています。

    厚生労働省によりますと市販されている解熱鎮痛薬のうち使用できるものとして
    ▽アセトアミノフェン、
    ▽イブプロフェン、
    ▽ロキソプロフェンなどを挙げていてます。

    ただ、病気などでほかの薬を使っている人や妊娠中や授乳注の女性、高齢者、それに薬のアレルギーがある人などは、主治医や薬剤師に相談して欲しいということです。

    また、アセトアミノフェンは、子どもや妊娠中、授乳中の人でも使うことができるものの、製品によって対象年齢などが異なっているため確認して使うよう求めています。

    発熱が接種後2日以上続く場合や症状が重い場合、それに、せきや鼻水、味覚や嗅覚の異常などワクチンでは起こりにくい症状がある場合などは医療機関への相談や受診を考えるよう呼びかけています。

    一方、事前に解熱剤や痛み止めを服用することについて、アメリカのCDC=疾病対策センターなどはワクチンの働きにどのように影響するか分かっていないとして、「勧められない」としています。

    ワクチンに詳しい北里大学の中山哲夫特任教授によりますと、ワクチンを接種したあとの発熱や痛みは、免疫機能が活性化することで起こるもので、解熱剤や痛み止めなどの薬を飲んでも免疫の反応には影響がないと考えられるということです。

    中山特任教授は「痛みやけん怠感があるほか、38度前後の熱が出るなるなど自分自身でつらいと感じる場合は、痛み止めや解熱剤を服用して対応してもいいのではないか」と話していました。

    (2021年8月26日時点)

    目次に戻る

    Q.接種を受ける人の年代や状況に応じた厚労省の方針は?

    A.
    アメリカのファイザーとドイツのビオンテックが開発したワクチンについて、厚生労働省は接種を受ける人の年代などに応じた方針をまとめています。

    妊娠・授乳中の女性

    厚生労働省によりますと、妊娠中の女性が新型コロナウイルスに感染すると重症化するリスクが高いという報告もあり、特段の懸念も見られないとして海外では接種が行われています。

    一方、海外で実施されたファイザーの治験では妊婦が対象から外れていて、データが限られていることから胎児などへの影響については分かっていないということです。

    このため、厚生労働省は、妊婦には接種を受けることについて「努力義務」を課さず、本人に慎重に判断してもらう方針です。

    一方、授乳中の女性については、海外でも接種を控えることまでは推奨していないことなどから努力義務の対象にすることを決めています。

    高齢者・基礎疾患のある人

    高齢者は感染で重症化するリスクが高いとして世界各国で接種が進められています。

    接種を受けたあとに死亡する事例も多数、報告されていますが、自然発生の死亡率との有意差は見られないということです。

    また、基礎疾患がある人も、接種を受けたあと偶発的な要因も含めて病状が悪化する可能性はあるものの、感染で重症化するリスクが高く、接種を受けるメリットがリスクを上回ることが示唆されているということです。

    そのうえで、高齢者で状態が悪い人や基礎疾患が悪化している人は接種を受けるかどうか特に慎重に判断するよう注意を呼びかけることにしています。

    対象は16歳以上 感染した人も対象に

    接種の対象は16歳以上で、新型コロナウイルスに感染したことがある人も接種を受けられます。

    一方、基礎疾患などがあっても15歳以下の人は接種を受ける対象になっていません。

    ほかのワクチンを接種する場合は?

    新型コロナウイルスと別のワクチンを同時に接種することについては、安全性などに関する情報が不足しているということです。

    このため、アメリカでは14日間、イギリスでは少なくとも7日間は間隔を空けるべきだとされています。

    厚生労働省はこうした海外の事例も参考にしてほかのワクチンと接種の間隔を13日以上あけるよう自治体に求めることにしています。

    (2021年2月15日時点)

    目次に戻る

    Q.【WHOの見解は】感染から回復した人も接種すべき?

    A.
    アレハンドロ・クラビオト氏
    「PCR検査、抗原検査で陽性になった人も、ワクチン接種から除外すべきではありません。一度感染した人がどのくらいの期間、再び感染しないのかはまだわかりません。1月6日に発表されたデータでは8か月までは感染しないとありましたが、ワクチンの接種から除外すべきではありません。一方で、一度感染した人自身が、まずは高齢者が優先的に受けるべきだと考え、自分が接種を受けるのは待つというのであれば、それはそれぞれが判断すべきことです」

    予防接種部門統括 キャサリン・オブライエン氏
    「ワクチン接種は世界で始まったばかりで、各国はまず、最も優先させるべき人たちから接種を始めています。すでに感染したことのある人は、少なくとも今後6か月間、再び感染する可能性は極めて低いでしょう。ただ、WHOとしては、1度感染した人を、接種の対象外にしたり、感染したことがあるという理由で遅らせたりすることは勧めません」

    (2021年1月13日時点)

    目次に戻る

    Q.【WHOの見解は】既往歴のある人も接種していい?

    A.
    アレハンドロ・クラビオト氏
    「状況によります。確かなのは、ほかのワクチンで重篤な反応、アレルギー反応を起こしたことがある人は、受けるべきではないです。食べ物やほかのものに対するアレルギーがある人については、避ける必要はありません。しかし、ワクチン接種は、受けた人が重いアレルギー症状を起こした場合、効果的に、直ちに治療を行える場所で行うべきだと勧告します」

    予防接種部門統括 キャサリン・オブライエン氏
    「基礎疾患のある人、つまり心臓や肺の病気を抱えている人、糖尿病の人や肥満の人は、新型コロナウイルスに感染した場合、ほかの人よりも高いリスクがあることがわかっています。こうした病気を抱えている人は、接種してほしい人たちです。妊娠している女性にどのような影響を与えるのかどうかに関してはデータはありませんが、強調したいのは、これらのワクチンが妊婦や胎児に有害かもしれないということを信じる理由はないということです。妊娠している女性で上であげられた高いリスクのあるグループに属する人たち、特に医療従事者の場合には、接種をする側の人々と話し合い、リスクが高いと判断するのであれば、接種することにしていいと思います。HIV感染者の人は接種を受けるべきだし、新型コロナウイルスに感染することで重症化するリスクの高い人は、だれもが接種を受けるべきです」

    (2021年1月13日時点)

    目次に戻る

    Q.【WHOの見解は】感染から回復した人も接種すべき?

    A.
    アレハンドロ・クラビオト氏
    「PCR検査、抗原検査で陽性になった人も、ワクチン接種から除外すべきではありません。一度感染した人がどのくらいの期間、再び感染しないのかはまだわかりません。1月6日に発表されたデータでは8か月までは感染しないとありましたが、ワクチンの接種から除外すべきではありません。一方で、一度感染した人自身が、まずは高齢者が優先的に受けるべきだと考え、自分が接種を受けるのは待つというのであれば、それはそれぞれが判断すべきことです」

    予防接種部門統括 キャサリン・オブライエン氏
    「ワクチン接種は世界で始まったばかりで、各国はまず、最も優先させるべき人たちから接種を始めています。すでに感染したことのある人は、少なくとも今後6か月間、再び感染する可能性は極めて低いでしょう。ただ、WHOとしては、1度感染した人を、接種の対象外にしたり、感染したことがあるという理由で遅らせたりすることは勧めません」

    (2021年1月13日時点)

    目次に戻る

    Q.花粉症や食物アレルギーなどがあっても接種は可能?

    A.
    厚生労働省は、4月12日から高齢者へのワクチンの接種が始まるのを前に、自治体などに向けて、接種を行う前の予診での注意点をまとめました。

    それによりますと、花粉症などのアレルギー性鼻炎やアトピー性の皮膚炎、気管支ぜんそく、食物アレルギーなどがある人でも接種は可能とし、症状が短時間で出る人は接種後30分間経過を観察するよう求めています。

    一方、過去に薬や食品などで重いアレルギー症状が出なかったかを確認し、ワクチンの成分で重い症状が出た人には接種をしないよう求めています。中でもファイザーのワクチンに含まれる「ポリエチレングリコール」は、アレルギーなどがあっても本人が原因と気付いていないおそれがあり、薬や洗剤、化粧品などさまざまな製品に使用されているため、丁寧に聞き取りをしてほしいとしています。

    1回目の接種後にアナフィラキシーを起こした人には、2回目の接種を行わないよう改めて通知しました。

    (2021年3月29日時点)

    目次に戻る