想定 知識

水道管の凍結 対策のポイントは?凍結したら?

寒気や寒波で気温が0度以下になると、水道管が凍結したり破裂したりするおそれがあります。凍結を防ぐには?もし凍ってしまったら?対策やポイントを短くまとめました。

basic-knowledge_20230120_01_05
イラスト作成 森下絵理香アナウンサー

特に凍結が起きやすいのはどんな時?

✅最低気温が ー4度以下
✅留守にするなど長時間使用しない時
✅水道管が屋外に露出している
 (特に北向きの日陰や風が強い場所)

水道管凍結を防ぐために有効とされる対策は

basic-knowledge_20230120_01_01
basic-knowledge_20230120_01_02
basic-knowledge_20230120_01_03

✅外気触れる露出部分を保温材やタオルで覆う
✅少量の水を流したままにする
✅水道メーターもタオル 発泡スチロールで保温
 (ぬれて凍らぬよう袋に入れて)
✅「水抜き栓」使い水を抜く
 (北日本など設備ある場合)

水道管が凍結してしまったら…

basic-knowledge_20230120_01_04

✅タオルなどを巻き ぬるま湯をゆっくりかける
  (熱湯かけると水道管破損のおそれ)
✅破裂・漏水の場合は水道事業者などに相談を

寒さが厳しくなるとき、気温の低下が予想されるときは万が一の断水に備え、飲料水を備蓄し、浴槽に水をためておく(子どもの転落に注意)と安心です。