教訓 想定 知識

大雪対策マニュアル「除雪」事故を防ぐポイントは

冬のシーズン、雪国では除雪機を使うことも多くなります。でも、毎年のように事故も起きています。事故を防ぐために、これだけは注意してほしいポイントを説明します。



basic-knowledge_20221222_03_01

➀デッドマンクラッチは固定しない
②手をつっこんで雪をとらない
③雪を捨てる時こそ慎重に

デッドマンクラッチは固定しない

basic-knowledge_20221222_03_02

除雪機についている安全装置「デッドマンクラッチ」をひもなどで固定するのは危険です。手を離してもエンジンが止まらないので大きな事故につながります。「握り続けるのが大変だから…」と思ってしまいがちですが、その油断が命取りになります。

手をつっこんで雪をとらない

basic-knowledge_20221222_03_03

除雪機に巻き込まれて指を切断する事故も相次いでいます。雪が詰まった時はエンジンを止めて、雪かき棒を使うようにしてください。2018年の消費者安全調査委員会の報告では、除雪機の事故の4割が手を巻き込まれたことによるものとされています。

雪を捨てる時こそ慎重に

basic-knowledge_20221222_03_04

除雪や雪かきで出た雪を捨てる際、流雪溝や水路に転落して死亡する人が後を絶ちません。ケースとしては、雪を積んだリヤカーが隠れた流雪溝に落ちる、重くてバランスを崩す、スコップで雪を捨てようとしてバランスを崩すことなどがあります。

転落してしまうと冷たい水で低体温症になり、体力に自信がある人もはいあがれなくなるので、十分な注意が必要です。1人だけだと救出が遅れるので除雪は2人以上でやることを心がけましょう。