台風 教訓 想定 知識

強力化する台風 列島上陸リスク増大

2019年9月に関東を襲った台風15号。各地で観測史上最も強い風が吹き荒れ、千葉県では鉄塔や電柱が倒れて大規模な停電が発生しました。東京湾に到達した時点で中心気圧955ヘクトパスカル、最大風速45メートルと、関東に接近・上陸した台風としては「過去最強クラス」でした。専門家は「地球温暖化が進んで海の温度も上昇すると、台風はより強くなる。関東だけでなく、ほかの地域でもこれまでにない強さの台風が接近・上陸するリスクが増大している」と警告しています。

目次

    関東上陸 過去最強クラス

    台風上陸前夜、2019年9月8日午後9時すぎ。東京から南に約170キロ離れた神津島で暴風が吹き荒れていました。最大風速43.4メートル、最大瞬間風速58.1メートルを観測。気象庁は台風の強さのカテゴリーを「強い台風」から「非常に強い台風」にアップさせました。

    神津島 2019年9月8日夜

    台風の最大風速の統計が残る昭和52年(1977)以降、関東に接近・上陸した台風は125。このうち最大風速44メートル以上の「非常に強い」勢力に発達した台風は今回が4例目でした。(※過去には昭和57年21号、平成7年12号、平成29年21号の3つ)

    台風15号 千葉県で大きな被害が出た 2019年9月

    上陸直前まで異例の発達

    台風のメカニズムに詳しい名古屋大学の坪木和久教授は、関東に接近してなお発達を続ける台風に驚いたと言います。

    坪木教授:通常、日本に近づきますと台風は弱まりますが、この台風は上陸直前に最も強い勢力になった。この点が大きな特徴です。

    関東の近海で異例とも言える発達を見せた台風15号。その要因について坪木教授は海水の温度を指摘します。そもそも台風は温かい海面から供給される水蒸気をエネルギー源として発達します。通常は、海面水温が熱帯よりも低い日本付近に来ると海からの水蒸気の供給量が減少し、熱帯低気圧や温帯低気圧に変わります。しかし、今回の台風15号が進んだコースの海水温は29度ほどと平年に比べて2度ほど高くなっていました。

    日別海面水温
    気象庁ホームページより

    やはり海の温度が高かったということが言えます。29度くらいの海面水温が関東のすぐ南まで広がっていて、これが発達の大きな要因だったといえます。また、台風の上端と下端の風速差が非常に小さかったことも発達を続けた理由だと考えられます。

    進路ずれていたら東京でも…

    さらに坪木教授によりますと、台風が進んだコースが少しずれていれば、首都機能が集中する東京で被害が拡大した可能性があるということです。

    台風の進路の右側は危険半円と言って風が強い領域になります。眼の壁雲※のすぐ外側が最も強い風が吹くわけですが、危険半円の最も風の強い領域が千葉県の上空を通過しました。このために強風による大きな被害が出たと考えられます。もし進路が50キロほど西にずれていたとしたら、最も強い領域が横浜や東京の中心付近を通過したことになりますので、その付近の被害が拡大したと考えられます。※「壁雲」…台風の眼を囲む発達した積乱雲群

    伊勢湾台風級の高潮のおそれも

    東京湾が最も強い風の領域にあたり、しかも南風が吹き付ける。そうなると東京湾の湾奥で高潮の被害が発生した可能性が考えられます。東京湾の一番奥で数メートルの高潮が起きても不思議ではなかったと思います。昭和34年(1959)の伊勢湾台風(※)の時は3.89メートルの高潮が発生しましたが、台風15号が50キロほど西を通っていて大潮や満潮といった潮位の条件が重なっていれば、伊勢湾台風に匹敵するような高潮かそれを超えるような高潮が起こっても不思議ではなかった。東京湾沿岸には非常に多くの施設、交通を含む人間活動がありますので大きな影響が出ていたと考えられます。

    伊勢湾台風で被害を受けた愛知県半田市

    ※伊勢湾台風:昭和34年(1959)9月に和歌山県に上陸した台風。進路の東側にあたる伊勢湾の沿岸部で記録的な高潮が発生、台風災害としては明治以降最悪となる5,000人を超える人が犠牲になった。

    地球温暖化が台風を強化

    さらに坪木教授はこう話します。

    中心気圧が955ヘクトパスカルくらいの台風が関東地方にさえ来るようになった。関東地方はもちろん、それ以外の日本の各地域でこれまでにないような強い台風が上陸する可能性が増大しているということを示していると思います。

    将来、より強力になると考えられている台風。その背景にあるのは地球温暖化です。気象研究所のシミュレーションでは、今世紀末に世界の平均気温が3度から4度ほど上がるというシナリオで温暖化が進んだ場合、世界で発生する台風の数は現在より3割ほど減るということです。一方で、日本の南の太平洋に限ってみると中心気圧920ヘクトパスカルほどの猛烈な台風の発生・通過は、現在10年間で平均3つ程度なのに対して、今世紀末には10年間で5つほどに増える予測となっています。

    2018年台風26号 日本のはるか南で中心気圧900hPaまで低下

    坪木教授:肌感覚として、非常に強い台風が日本に接近する上陸することが多いと感じることがあると思います。その延長として、今世紀末にかけて温暖化が進んでいくと強い台風がさらに強くなる、強い台風の数が増えると考えられます。すなわち、日本を含む中緯度の台風のリスクが増大しているということになるわけです。本州辺りにこれまで来なかったような強い台風が、接近・上陸することも示されてきています。地球温暖化という気候の大変動の時代に台風も強化していく傾向にあり、それに伴う災害も発生しやすくなるのが今後の予想です。これまでの経験ではなく、未来の予測を考慮した、未来の予測にあうような対策を立てていくことが重要だと思います。