新型コロナ ウイルスを塗りたてペンキに例えてみる

原案:眞鍋葉子(内科医) 画像提供:カルペディエム エンタテインメント 取材:ネットワーク報道部記者 大石理恵

長期化が予想される新型コロナウイルスの影響。見えないウイルスとどう向きあえばいいのか、ある内科医が提案した考え方が話題です。それは、ウイルスをペンキに例えることです。

本物のペンキに新型コロナウイルスが含まれていることはなく、ペンキ塗りたての状態が随所に存在するわけではありません。あくまで目に見えないウイルスを可視 化するための「例え」として表現しています。小さなお子様に説明される場合などは、その点を十分注意して頂けるようお願いします。

家から一歩外へ出たら

家から一歩外へ出たら、そこはすべて「ペンキぬりたての世界」だと例えてみてください。

電車の座席に座ったら、「あぁ今背中とお尻にごっそり塗りたてペンキがついたな」と思ってください。
エレベーターのボタンを押したら、「あぁ今指先にペンキがついたな」と思ってください。

感染している人のせきやくしゃみ は、ペンキのスプレーだと思ってください。
その人から、プシュとスプレーされたところには、ペンキがついています。
くしゃみを手のひらにした人が、その手で触ったところもついています。

ドアノブ
エレベーターのボタン
ATMのタッチパネル
そこを触ったあなたの手に、ペンキがつきます。

でも、消すことができます

でも、安心してください。このペンキは、数時間から数日、触らずに放置すると、自然に消えるペンキです。
触ってしまった場合でも、石けんやアルコールなどで消してしまえばいいのです。慌てる必要はありません。慎重に行動さえすれば、感染のリスクは下げることができるのです。

ウイルスは消毒し洗い流すことができます

目標は、鼻や口につけない事

大事なことは、自分の手という危険物から、自分の肺への入り口である「鼻と口を守る」ことです。 目標は、鼻や口につけない事。

鼻や口を触らないためには、マスクをしましょう。
せきやくしゃみをまき散らさないためにも有効です。

また、目から感染したと考えられるケースも報告されています。
うっかり目を触らないようにしましょう。

換気の悪い部屋は…

最も危険な場所は、換気の悪い密室。
そこは、ペンキのミスト噴霧器が設置された部屋だと思って下さい。鼻や口を触らなければいい、
というレベルではありません。換気の悪い密室は、今、「最も危険な場所」と言っても過言ではありません。

食事の時も注意

さらに気をつけなければならないのが、マスクを外している、食事の時です。
食べる前に、手を洗いましたか?
せっかく手を洗っても、マスクを外す時に、マスクの外側を触ると、また手にペンキがつきます。
外す時は、耳の後ろのゴムを持って外しましょう。

周囲2メートルに人はいませんか。部屋の換気は、十分ですか。

帰宅したら 家で安心するために

さて、あなたは家に帰ってきました。
家の中にペンキを持ち込まないために、次のことを心がけましょう。

カバンと上着は、玄関に置いておきます。
風呂場に直行して、髪の毛や顔、手に付いたペンキを落としてしまいましょう。

スマホも忘れないで

さらに、気を付けなければならないのが「スマホ」です。
スマホも、アルコールなどで消毒するか、ファスナー付きの透明な袋に入れて使えば、安全です。
これで「家の中にペンキに例えたウイルスを持ち込んでいない」とリラックスすることができます。

この記事が生まれた経緯について

この記事は、ウイルスをペンキに例えることで、冷静な対応を呼びかけようと考えた内科医・眞鍋葉子さんがフェイスブックに投稿した原稿が始まりです。

この原稿を読んだ私たちは、眞鍋医師に取材して4月15日、NHK NEWS WEBに記事を掲載しました。 時を同じくして、番組制作会社の経営者がナレーターやイラストレーターに呼びかけ原稿をもとにした動画を制作し、投稿サイトで公開しました。
こちらをご覧ください(NHKのサイトを離れます)

    【作】眞鍋葉子(内科医)【絵】藤井次郎 【語り】田口トモロヲ 【編集】片山正貴
    【MA】山本宗太 【制作】木藤憲治(カルペディエム・エンタテインメント)

医師の思い

今回の記事とテレビで放送しているVTRは、動画制作にあたった人たちの御協力を得て再構成したものです。新型コロナウイルスの感染の拡大防止を呼びかけに、多くの人が共感した結果と言えます。 眞鍋医師は、最初の原稿を書いたときの思いをこう語っています。

(眞鍋医師)
恐怖を取り除きたいという思いがあります。
コロナに感染してしまった後の治療法は未知です。
しかし、コロナを予防するための方法は、実は未知でもなんでもない、何十年も前から実践されてきた既知の知識です。「知識があれば、リスクを着実に下げることができる」ということを伝えたいと思いました。
単に感染のリスクを伝えるのではなく、身を守るにあたって何がゴールで、それを達成するにはどうすればいいのかを提示することで、恐怖を取り除いて、否認から前向きな行動へと移れる方が1人でも多くなればいいと思います。
感染者への差別や風評被害などの話題にも心を痛めています。差別を行う人の心の中には、意地悪な気持ちよりも前に、恐怖があると思います。
「こんなに怖いから、気をつけなさい!」ではなく、「気をつければリスクが下がるんだよ、怖くないよ、だからあきらめないで!」というメッセージを込めたつもりです。

最新記事