首都直下地震 死者など半数程度減目指す3月31日 11時27分

首都直下地震に備えるための国の基本計画について、政府は31日の閣議で減災目標を盛り込んだ計画の改定を決めました。建物の耐震化や火災対策を進め、想定される死者の数などを10年間で半数程度に減らすことを目指すとし、今後、国が自治体といかに連携して被害を減らす取り組みを実現していくかが課題となります。

もっと詳しく

気象・災害情報
このページの先頭へ