1号機のカバー 解体に向けた作業へ10月22日 4時38分

東京電力は、福島第一原子力発電所1号機の建屋に積もったがれきを撤去するため、建屋を覆うカバーの解体に向けた作業を22日から始めます。
3年後に計画されている使用済み燃料プールからの核燃料の取り出しに向けて、安全性を確保しながら順調に作業を進められるかが課題となります。

もっと詳しく

気象・災害情報
このページの先頭へ