就活ニュース

大学3年生世代の8割近くが夏休み前に就活始動

2019年07月25日

  • お問い合わせ

就職情報会社「マイナビ」に登録している現大学3年生や大学院生を対象にした調査で、回答者の8割近くが「インターンシップに参加や応募」など就活を始動させていると回答。1,2年生のころから就職を視野に入れた活動を始めるなど、長い時間をかけて自分のキャリアを考える学生が増えているようだ。

調査は、6月20日から30日にかけて、現大学3年生が中心の2021年卒の大学生・大学院生6336人を対象に行った。(「2021年卒大学生インターンシップ前の意識調査」)

まだ、夏休み前の時期の調査だったが、「インターンに応募・選考・参加予定あり・参加済み」が回答者の77%の回答者にものぼった。就職情報サイトへの登録者が対象ということもあるが、「参加したくない」は0.6%だった。

<2021年卒マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査より>

また、回答者の23.8%が、6月末の時点ですでにインターンを体験済みと回答。調査を始めた昨年同月比で5ポイントアップしている。このうち、4月以降、主に3年生になってからインターンに参加したのは11.6%で、その他は1,2年時に参加したという回答。

マイナビは、背景に、ここ数年大学が力を入れている1,2年生向けのキャリアガイダンスの存在があると分析。8~9割の大学で行われているといい、1、2年生のうちに、自己分析や仕事に対する適正判断を行ったり、インターンシップの案内をしたりするという。

今年は、民間の就職情報会社への本登録が軒並み例年の6月から4月に前倒しされ、5月からインターンシップの情報が閲覧できるようになったことも後押ししているようだ。

さらに、インターンシップ参加目的の質問では(複数回答可)「どの業界を志望するか明確にするため(71.5%)」「どの職種を志望するか明確にするため(62.5%)」「視野を広げるため(59.3%)」が上位を占めた。

「参加したいインターンシップのプログラム内容」の質問では、「フィードバックの内容が自分自身のためになる」が63.2%と最も多く、学生は、より内容の濃いインターンシップのプログラム構成を企業に求めているようだ。

最近のニュース一覧

New

人事の目線⑹ インターンシップに落ちたら本選考は諦めた方がいいですか?

2022年01月25日

New

ことしの賃上げどうなる? 100社アンケート 慎重姿勢浮き彫りに

2022年01月25日

New

春闘 事実上スタート 経団連“収益拡大なら積極的に賃上げを”

2022年01月25日

インターンシップ 早く経験すべき? 

2022年01月21日

就活のギモン 人事の目線 (5) 面接で「第1志望です」って言わなくてもいいですか?

2022年01月19日

転職前提?定年まで? 新卒で入社 どのくらい働きたい

2022年01月18日

だからこそ最初の就職が大事 20代の選択(3)

2022年01月14日

『業界地図』編集長に聞いてみた ⑶ レイアウトが読み解くカギってどういうこと?

2022年01月12日

職場のコミュニケーション 変化した?

2022年01月11日

就職先の規模の前に やりたいことを明確に 20代の選択(2)

2022年01月07日

抽象的な夢より、具体的なアクション 20代のキャリア選択(1)

2022年01月05日

1からわかる!注目の時事問題

2021年12月31日

企業の人事・採用担当者に聞く 2021年の注目ニュース

2021年12月28日

ANA 地上勤務総合職の採用 23年卒から再開

2021年12月28日

就活のギモン 人事の目線 ⑷ 面接で印象に残る優秀な学生ってどんな人?

2021年12月24日

2023年卒の採用 「増える」が「減る」を 上回る

2021年12月24日

ヘッドハンターにきいた 22年の中途採用の動向は

2021年12月23日

『業界地図』編集長に聞いてみた⑵実践!地図の読み方 

2021年12月22日

12月の就職内定率 コロナ禍前の水準で推移

2021年12月20日

宇宙にいる前澤友作さんに話を聞いてみた

2021年12月17日

就活のギモン「人事の目線」⑶ 逆質問って何のため?面接の気になるギモン

2021年12月17日

就活生に人気の業界は IT?コンサル? 大手志向に変化は?

2021年12月16日

不満が残る大学生活 でも就職戦線は意外と…

2021年12月13日

『業界地図』編集長に聞いてみた ⑴ そもそも業界研究って何をすればいいの?

2021年12月09日