日本にっぽんでは最近さいきん一度いちどにたくさんのあめつよることがおおくなりました。

  1. あめつよさと災害さいがい
  2. 土砂災害どしゃさいがい
  3. 気象庁きしょうちょう情報じょうほう
  4. 避難ひなん必要ひつようなときに情報じょうほう
  5. 危険きけん場所ばしょ避難ひなんする場所ばしょがわかる「ハザードマップ」

1.あめつよさと災害さいがい

時間じかんに30mm以上いじょうあめると、みちかわのようになります。かわのようになったみちあるくところながれたりして、危険きけんです。

時間じかんに50mm以上いじょうになると、あめたきのようにります。マンホールからみずあふれたり、ひく場所ばしょみずたまっ地下鉄ちかてつえき地下街ちかがいみずはいってきたりして、危険きけんです。

時間じかんに80mm以上いじょうになると、ひと大勢おおぜいくなるようなおおきな災害さいがいこりやすくなります。はや安全あんぜん場所ばしょ避難ひなんしましょう。

2.土砂災害どしゃさいがい

あめがたくさんると、「土砂災害どしゃさいがい」でやまがけなどがくずれることがあって、危険きけんです。土砂災害どしゃさいがいまえには、やまからへんおとこえたり、ちいさいいしちてきたりすることがあります。やまができたり、突然とつぜんつちからみずてきたりすることもあります。このようなときは、すぐに安全あんぜん場所ばしょ避難ひなんしましょう。げることができない場合ばあいは、丈夫じょうぶ建物たてものの2かい以上いじょうで、やまからとお部屋へやにいてください。

3.気象庁きしょうちょう情報じょうほう

あめがたくさんって災害さいがいこりそうな場合ばあい気象庁きしょうちょうは「大雨注意報おおあめちゅういほう」をします。もっとおおきな災害さいがいになりそうな場合ばあいは「大雨警報おおあめけいほう」をします。もっとあめがひどくなりそうな場合ばあいは「大雨特別警報おおあめとくべつけいほう」をします。

大雨警報おおあめけいほう」や「大雨特別警報おおあめとくべつけいほう」がたときは、みちかわのようになったり、やまなどがくずたりすることがあります。危険きけんですから、できるだけはや安全あんぜん場所ばしょ避難ひなんしましょう。

4.避難 ひなん 必要ひつようなときに情報 じょうほう

ひどいあめ避難 ひなん 必要ひつよう場合ばあいけんなどは「避難準備情報ひなんじゅんびじょうほう高齢者等避難開始こうれいしゃとうひなんかいし」や「避難勧告ひなんかんこく」や「避難指示ひなんしじ緊急きんきゅう)」という情報 じょうほう します。

この情報 じょうほう はテレビやインターネットなどでることができます。避難 ひなん 情報 じょうほう ても、くらくて危険きけんなときや、みちかわのようになってそとることがむずかしいときは、建物たてものの2かい以上いじょうにいたほうが安全あんぜんなことがあります。

5.危険きけん場所ばしょ避難ひなんする場所ばしょがわかる「ハザードマップ」

「ハザードマップ」は、あめがたくさんったときに危険きけん場所ばしょ避難ひなんする場所ばしょなどがかいてある地図ちずです。けんなどのウェブサイトでもることができます。いえ会社かいしゃまわりが安全あんぜんかどうか調しらべておきましょう。