ウイルスをほかのひとうつさないためには、マスクをすることが大切たいせつです。

マスクをするときは、はなくちマスクからないようにしましょう。

マスクウイルスついているかもしれないので、マスクさわったはなくちさわらないようにします。

使つかったマスクをポケットにれないようにしましょう。

新コロナウイルス予防マスク

使つかわったら、みみにかけるゴムって、すぐにごみばこてます。

新コロナウイルス予防マスク

いまみせマスクうことがむずかしくなっています。専門家せんもんかは、もしあたらしいマスクがないときは、マスクくちあいだぬのれて、そのぬのえて使つかうといいとっています。

自分じぶんウイルスがうつらないようにするためには、マスクだけでは十分じゅうぶんではありません。もしっかりあらいましょう。

(1)あらかた

(3)ウイルスがうつりやすいところ

(4)ウイルスがうつったかもしれないとおもったとき

(5)家族かぞくなかねつひとがいるとき

(6)病気びょうきがひどくならないようにいまできること

(7)消毒しょうどく大切たいせつ

(8)まどけてそと空気くうきれましょう

(9)空気くうきながれがわるところかない

(10)せきやくしゃみをするとき