三重 桑名市 新年度予算案「保育環境の充実」盛り込む

桑名市は去年、市内の認定こども園で園児の虐待など不適切な行為が確認されたことを受けて、保育環境の充実のための費用を新年度の予算案に盛り込むことになりました。

桑名市の新年度・令和6年度予算案は、一般会計の総額が639億4900万円余りで、この中には去年、市内の認定こども園で園児に給食を無理やり食べさせる虐待など、不適切な行為が確認されたことを受けて、保育環境の充実のための費用が盛り込まれています。
具体的には、保育士の確保のため市内の保育園などに就職する保育士に一時金を支給する費用や、保育士の離職を防ぐため、3年目、5年目、7年目などに奨励金を支給する費用など、合わせて1億6600万円余りが計上されています。
伊藤徳宇市長は「桑名市で子育てに関わる人をさらに増やし、保育の現場が子どもたちによりよい環境になるよう充実させたい。子育て世帯から選ばれるまちになることで、人口減少の歯止めにもつながると思う」と話しています。
市は、この新年度予算案を、2月20日から始まる市議会に提出する予定です。