AEDで救命7000人超 救命のカギは「1秒でも早く」

心筋梗塞など心臓の異常で心臓が止まった人に電気ショックを与える医療機器「AED」が一般の人も使えるようになってことしで20年になります。
AEDによって救命された人はこれまでに7000人を超えることが医師などでつくる日本AED財団のまとめで分かりました。
(内容は東海NEWSWEBでご覧ください)