三重・松阪 地元の偉人に年賀状贈ると返事がもらえる

三重・松阪 地元の偉人に年賀状贈ると返事がもらえる

現在の三重県松阪市出身で江戸時代の国学者、本居宣長と北海道の名付け親、松浦武四郎の2人に宛てた年賀状を送ると偉人から年賀状が返ってくるという取り組みが行われています。

この取り組みは江戸時代の国学者の本居宣長、それに北海道の名付け親として知られる探検家、松浦武四郎のそれぞれの記念館が行っています。
送り先を松阪市内にあるそれぞれの記念館に、宛名を「本居宣長さん」「松浦武四郎さん」とした年賀状を送ると記念館のペアの招待券がついた年賀状が返ってきます。
松阪市によりますとこの取り組みは平成29年から行われていますが、前回はこれまでで最も多いあわせて1534枚の年賀状が届いたということです。
今回は来年1月15日の消印分まで受け付けているということで、松阪市文化課は「年賀状を通じて、2人の偉人のことを多くの人に知ってもらいたい。
松阪が生んだ偉人にぜひ会いに来てほしい」と話しています。