トヨタ 年間の生産台数 過去最高を更新

トヨタ自動車のことし1月から11月までの世界全体の生産台数は923万台あまりと、12月分を残して年間の生産台数の過去最高を更新しました。

トヨタが発表した11月の実績によりますと、世界全体での生産台数は92万6573台と去年の同じ月と比べて11.2%増加しました。
これを受けて、ことし1月から11月までの世界全体の生産台数は923万1068台となり、12月分を残して年間の生産台数の過去最高を更新しました。
このうち、国内での生産台数は309万9950台で、トヨタが雇用や技術力の確保に欠かせないとしている年間300万台規模を4年ぶりに上回りました。
一方、世界全体の販売台数はことし1月から11月までの累計で936万7040台となり、去年の同じ期間と比べて7.3%増加したということです。
トヨタは「半導体不足の解消や、北米やヨーロッパなどでの需要が堅調で、年間の世界生産台数は過去最高となった。しかし、依然として受注したものの納車できていない車があるため、早く届けられるよう努力していく」とコメントしています。