三重大病院元教授に2審も執行猶予付き有罪判決 名古屋高裁

薬剤の積極的な使用の見返りに賄賂を振り込ませた罪などに問われた三重大学医学部附属病院の元教授の裁判で、2審の名古屋高等裁判所は、1審の判決には事実誤認があるとする被告側の訴えを退け、1審に続き執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。

三重大学病院の元教授で臨床麻酔部長だった亀井政孝被告(57)は、「小野薬品工業」が製造・販売する薬剤を積極的に使う見返りに大学の口座に寄付金200万円を振り込ませたとして、第三者供賄などの罪に問われていました。
1審の津地方裁判所はことし1月、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しましたが、被告側は事実誤認があるとして控訴していました。
23日の2審の判決で、名古屋高等裁判所の杉山愼治裁判長は「被告の弁護士は三重大学に対する寄付金の振り込みと薬剤の処方量との関連性はなかったと主張するが、被告は大学に寄付をすれば薬品の処方を増加させることを約束したうえで寄付を求めるなどしている」と指摘し、被告側の訴えを退け、1審に続いて執行猶予の付いた懲役2年6か月の有罪判決を言い渡しました。
判決に対し、亀井被告の弁護士は「問題のある判決で、上告についてはこれから検討したい」とコメントしています。