入管施設で死亡 スリランカ人女性の映像を遺族の弁護団が公開

名古屋市にある入管施設で亡くなったスリランカ人の女性の遺族が国に賠償を求めている裁判で、遺族の弁護団は証拠として提出された収容中の女性が体調を悪化させていく様子を写した映像の一部を報道機関に公開しました。

おととしの3月6日、名古屋出入国在留管理局の施設で収容されていたスリランカ人のウィシュマ・サンダマリさん(33)が体調不良を訴え亡くなりました。
遺族は国に賠償を求める訴えを名古屋地方裁判所に起こし、国側は「対応は違法ではない」として退けるよう求めています。
遺族の弁護団は国側が証拠として提出した、収容中のウィシュマさんの様子を写したおよそ5時間分の映像のうち5分間ほどを法廷で上映される前に報道機関に公開しました。
映像はウィシュマさんが収容されていた「単独室」の天井に設置された監視カメラの映像です。
亡くなる11日前のおととし2月23日の映像では、ウィシュマさんが「私、きょう夜死ぬ」と訴えると、警備官は「大丈夫、死なないよ。サンダマリ、死んだら困るもん」と応じました。
さらにウィシュマさんが病院に連れて行ってほしいと弱々しい声で頼むと、警備官は「連れて行ってあげたいけどわたしの力じゃ、わたしパワーがないからできない権力ないからさ」と話しました。
そして、亡くなる前日の3月5日。
ベッドの上でウィシュマさんがうめき声を上げると、看護師は「痛いっていうのがわかるでいいよな。サンダマリさん、痛いがわからんようになったらかなわんわ。困りますわ」と応じました。
そして体調を悪化させ、亡くなる3月6日。
動かないウィシュマさんの異変を感じた警備官は「指先ちょっと冷たい気もします」と連絡。
そして「サンダマリさん、サンダマリさん、サンダマリさん聞こえる?サンダマリさん」と呼びかけました。
出入国在留管理庁によりますとこの数分後の午後2時15分ごろ救急搬送を要請。
ウィシュマさんは、病院に搬送されましたが、午後3時25分ごろ死亡が確認されました。
映像は、遺族側の求めでことし6月21日と7月12日に法廷で上映される予定です。
公開にあたってウィシュマさんの妹のワヨミさんは、「姉がどのように苦しみ、どんなに救いのない環境で見殺しにされたかを、私たちは、日本の皆さんに知っていただきたいです。姉が命を落とした場所は、姉が心から愛した、この日本でした。姉のような犠牲者と私たちのような遺族を、もう出さないでいただきたい」と話しました。
また、下の妹のポールニマさんは「なぜ、姉が死ななければならなかったのかを明らかにし国会で、再発防止策を真剣に議論してください」と話しています。
今回の、事前の報道公開をしたことについて弁護団は「何度見ても言葉を失う。皆さんにも考えてみてほしい。もしご自分の家族がこういう目にあったらどう思われるでしょうか。入管法の法案の審議が始まろうとしている。でも日本の市民・有権者を含めた市民は誰もビデオを見ていない。この状況で審議が始まることはあり得ない。あってはならないと考えた」と述べました。
一方、この問題をめぐって、出入国在留管理庁は、名古屋出入国在留管理局の幹部4人を訓告などの処分にしました。
そして常勤医師の確保や非常勤医師の増員のほか、外部の医療機関との連携体制の構築強化などの対策を進めています。