名古屋市内でイノシシ目撃相次ぐ ”近づかず刺激しないで”

名古屋市内では20日、イノシシの目撃情報が相次いで寄せられ、警察は見かけても近づかず刺激しないようにしてすぐ通報してほしいと注意を呼びかけています。

20日午後8時半ごろ名古屋市北区で撮影された映像です。
片側3車線の道路の中央分離帯に2頭のイノシシの姿が見られます。
警察によりますとイノシシはまず、20日午後2時40分ごろ、名古屋市守山区の矢田川の河川敷に2頭がいるのが目撃されました。
通報を受けて警察官4人が駆けつけ2頭を探したところ、このうちの1頭と見られる体長1メートルほど、体の高さ70センチほどのイノシシが近くにいた10人ほどに突進しようとしました。
このため、36歳の男性巡査部長がイノシシに拳銃を向け「撃つぞ」などと大声で警告したところイノシシは走り去り2頭とも姿が見えなくなったということです。
警察によりますと、その後イノシシは北区や東区などでも目撃されたということで、北区内で映像を撮影した名古屋市の10代の男性は「なんでこんなところにいるんだろうとすごく驚きました。車道にも出たりしていたので、事故につながると危険だなと思いました」と話していました。
警察はイノシシを見かけても近づかず刺激しないようにしてすぐ通報してほしいと呼びかけています。