名古屋市内でイノシシの目撃相次ぐ 警察が注意呼びかけ

20日午後、名古屋市守山区の河川敷でイノシシの目撃情報が警察に寄せられました。警察官が拳銃を向けたところ、走り去って姿が見えなくなったということで、警察はイノシシを見かけても近づかず、刺激したりしないように注意を呼びかけるとともにすぐ通報してほしいとしています。

警察によりますと、20日午後2時40分ごろ、名古屋市守山区小幡宮ノ腰を流れる矢田川の河川敷で「2頭のイノシシを見た」という通報が、警察に寄せられました。
警察官4人が現場に駆けつけ、河川敷で2頭のイノシシを探したところ、このうちの1頭と見られる体長1メートルほど、体の高さは70センチほどのイノシシが近くにいた10人ほどに突進しようとしたということです。
このため36歳の男性巡査部長が、イノシシに向かって拳銃を向け「撃つぞ」などと大声で警告したところ、イノシシは巡査部長に背を向けて走り去り、2頭とも姿が見えなくなりました。
警察によりますと、イノシシは20日午後8時ごろ、隣接する名古屋市北区からも目撃情報が寄せられていて、警察は見かけても近づかず、刺激したりしないようにしてすぐ通報してほしいと呼びかけています。