新型コロナ BA.5対応ワクチン接種 愛知犬山で県内初

新型コロナウイルスのオミクロン株のうち、感染の主流になっている「BA.5」に対応したワクチンの接種が、愛知県内の自治体では最も早く14日から犬山市で始まりました。

オミクロン株の「BA.5」に対応したワクチンの接種は、すでに2回目か3回目までの接種を終えた12歳以上で、前回の接種から5か月以上経過している人が対象です。
準備が整った自治体から接種が始まることになっていて、14日、愛知県犬山市で、県内の自治体としては最も早く、接種が始まりました。
集団接種会場では、午後1時の開始とともに事前に予約をした人たちが次々と訪れ、接種を受けていました。
接種を受けた55歳の男性は、「『BA.5』対応ワクチンについてはテレビで見て知っていました。きょうは、たまたまそのワクチンでしたが、気持ち的には若干、安心感があります」と話していました。
犬山市健康推進課の古田裕三さんは「従来のワクチンでは接種の予約があまり伸びていなかったので、接種がより進むように早期に切り替えを行った。ぜひ接種を検討してほしい」と話していました。
今後は、ほかの自治体でも順次、このワクチンの接種が始まることになっていて、詳しくは各自治体の担当窓口にお問い合わせ下さい。