SNS上で差別的な発言したとして愛知県議会議員らに抗議文

愛知県議会の渡辺昇議員がSNS上で性的マイノリティーの人たちを傷つける差別的な発言をしたとして、4日、ジェンダー平等を求める団体のメンバーなどが、渡辺議員や県議会の議長などに対し、謝罪などを求める抗議文を提出しました。
抗議文を提出したのは、ジェンダー平等を求める団体の事務局長を務める井田奈穂さんや、LGBTの当事者など、あわせて4人です。抗議文によりますと、自民党の渡辺昇議員は、9月27日、同性婚の法制化をめぐってキューバで行われた国民投票について紹介したSNS上に「キューバはキューバです。同性結婚なんて気持ち悪い事は大反対!」とコメントしたということです。その上で、抗議文では「多くの性的マイノリティーの人たちの人権と尊厳を傷つける差別発言だ。本来、人権尊重を推進すべき立場にあるはずが、差別発言を公然と発信した行為を、非常に遺憾に捉えている」などとして、謝罪と発言の撤回、それに、渡辺議員の処分を求めています。抗議を受け、渡辺議員は、記者団に対し「勉強不足で、軽率にあのような投稿をしたがどんな場面でも、そのようなことは口にしないと誓い、約束した。深く反省して、皆さんにおわびし、信頼回復できるように頑張っていきたい」と述べ、謝罪しました。抗議文を提出したあと、井田さんは「表面的な謝罪の言葉があったが到底、信用することはできない。今回の発言は、知識不足や人権意識の欠如に基づくものだ。県議会には、当事者の困りごとを聞く勉強会や条例の制定をしてもらいたい」と話していました。