愛知県知事選で自民県連 大村知事推薦を決定

来年(令和5年)予定されている愛知県知事選挙をめぐり、自民党愛知県連は、現職の大村知事を県連として推薦することを決めました。

来年2月の任期満了に伴う愛知県知事選挙をめぐり、自民党愛知県連は、9月立候補する意向を表明した大村知事からの推薦願を受け、対応を検討してきました。
その結果、大村知事のこれまでの県政運営は評価できるとして2日、役員による会合を開き、県連として推薦することを決めました。
このほか、立憲民主党、公明党、国民民主党は大村知事からの推薦願を受け対応を協議しています。
一方、共産党と愛労連=愛知県労働組合総連合などでつくる「革新県政の会」が大村知事の対立候補の擁立に向け人選を進めています。
また、地域政党・減税日本の代表を務める名古屋市の河村市長は、先月「いい人がいれば擁立したい」と述べました。
このほか、愛知県知事選挙には、元春日井市議会議員の末永啓氏が無所属で立候補する意向を表明しています。