愛知県の大規模会場でもオミクロン株対応ワクチン接種始まる

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチン接種が、29日から愛知県の大規模接種会場で始まりました。

愛知県ではオミクロン株に対応したワクチンの大規模接種会場が順次5か所設けられることになっていて、29日から豊山町の名古屋空港ターミナルビルの会場で接種が始まりました。
接種開始の正午ごろから予約した人たちが次々と訪れモデルナ製のワクチンを接種していました。
このワクチンは4回目接種の対象となっている60歳以上の人や基礎疾患がある人、重症化リスクが高いと医師が判断した人、医療施設や高齢者施設などの従事者が接種できるほか、3回目接種をまだ受けていない18歳以上の人も対象としています。
接種を終えた名古屋市に住む40代の医師の男性は「日々、診察の際は感染対策をしていますが、ワクチン接種によって、さらに感染リスクを下げることができると思います」と話していました。
接種の予約はLINEで24時間受け付けるほか、午前9時から午後5時ま、コールセンターでも受け付けています。
コールセンターの電話番号は0570−666ー885です。