愛知県のBA.5宣言が9月30日で解除へ

新型コロナウイルスの感染の急拡大を受けて出している「BA.5対策強化宣言」について愛知県の大村知事は、記者会見で、感染者数の減少傾向が顕著になっているとして期限となっている9月30日で解除する考えを明らかにしました。

会見の中で愛知県の大村知事は現在の新型コロナウイルスの感染状況について「新規陽性者数の減少傾向が顕著になってきているということで大きな山を越えたのではないか。病床の使用率も改善されてきている」と説明しました。
その上で、感染の急拡大を受けて出している「BA.5対策強化宣言」について、期限としている9月30日に県の対策本部会議を開き、期限通りに解除することを正式に決定する考えを明らかにしました。
一方で、新規感染者数は7日間平均で3000人程度と依然として高い水準にあることから、宣言の解除後も「厳重警戒」の期間とし感染防止対策を徹底するほか、オミクロン株に対応したワクチンを積極的に接種するよう呼びかけることにしています。