新型コロナ 全数把握簡略化も”必要時はためらわず連絡を”

新型コロナの感染者の全数把握が9月26日から簡略化され、詳しい報告の対象が重症化リスクの高い人に限定されました。
名古屋市のクリニックでは報告の対象にならない感染者に症状が悪化した際の相談先などが書かれた紙を渡し、必要なときはためらわずに連絡するよう呼びかけていました。

新型コロナの感染者の全数把握の簡略化にともなって愛知県でも「HER−SYS」と呼ばれるシステムに入力する対象が陽性が判明した患者全員から65歳以上の人や入院が必要な人妊娠中の女性など重症化リスクが高い人に限定されました。
名古屋市中川区で発熱外来を行っている「松本ファミリークリニック」では26日、午前中に抗原検査を受けた7人のうち4人が陽性と判定されましたが、情報の入力が必要なのは糖尿病で重症化リスクが高い50代の患者だけでした。
情報の入力の対象にならない患者に対しては医師が愛知県と名古屋市が作成した症状が悪化した際の相談先のほか配食サービスやホテルなどの宿泊療養施設の申し込み窓口などが記された紙を手渡していました。
松本ファミリークリニックの松本幸三院長は「全数把握の簡略化で医療機関の負担はかなり減る。届け出が出されない人は、少し調子が悪くなったら我慢せずに医療機関や保健所などに連絡して重症化を未然に防いでもらいたい」と話しています。