名古屋市 26日からコロナ発生届対象外の患者に独自の対策

新型コロナウイルスの感染者の全数把握が9月26日から見直されることを受け名古屋市では保健センターへの発生届の対象外となる重症化リスクの低い感染者などに向け市独自の登録センターを通じ必要な支援を行うことにしています。

新型コロナウイルスの感染者の全数把握の見直しを受け名古屋市では9月26日から、保健センターへの発生届の対象が65歳以上の人や重症化リスクがある人や入院が必要な人、妊婦に限定されます。
一方、名古屋市は発生届の対象とならない人についても必要に応じて支援を届ける必要があるとして、市独自の「陽性者登録センター」を通じて対応することになりました。
センターの登録対象になるのは医療機関で陽性と診断されたものの重症化リスクが低かったり、軽症だったりした感染者や、医療機関を受診せず検査キットなどで陽性の結果が出た人で、患者自身に登録を申請してもらうということです。
登録された感染者にはホテルなどでの宿泊療養や配食サービスの案内がメールで届き、利用を申し込んでもらう仕組みで9月26日から運用を始めることにしています。
河村市長は記者団に対し「症状が軽い人は登録センターで、高齢の人や持病がある人は従来どおり保健センターで対応をお願いしたい」と述べました。