台風14号 専門家”1日で急激に発達 厳重に注意を”

大型で猛烈な台風14号について専門家が航空機で上空から観測した結果、この1日ほどで中心の気圧が急激に低下して勢力を強めたことがわかりました。
専門家は「スーパー台風といわれる台風で今回のような高い緯度にあるのは珍しく、勢力を維持した状態で上陸する可能性があり厳重な注意が必要だ」と話しています。

名古屋大学などの台風の専門家でつくる研究チームは16日と17日の2日間、航空機で台風14号に接近し、上空から「ドロップゾンデ」と呼ばれる30センチほどの筒状の観測機器を投下して、風速、風向き、気圧などのデータを観測しました。
この結果、台風14号の中心の気圧は16日午後から30ヘクトパスカルほど低下し、17日午前の段階で911ヘクトパスカルと急激に勢力を強めたことがわかりました。
台風の目は多くの場合、勢力が強いほど小さくなりますが、台風14号の目はこの1日ほどで急激に小さくなったということです。
研究チームが上空で撮影した写真では、台風の目の周辺に「壁雲」と呼ばれる発達した積乱雲の集まりが壁のようにそびえ立つ様子も確認できます。
研究グループでは5年前から同様の手法で台風の観測を続けているということですが、代表の名古屋大学の坪木和久教授は「スーパー台風といわれる台風で今回のような高い緯度にあることは珍しい」と指摘しています。
その上で「台風の強度の予測のためには今回のような直接観測が欠かせない。今回の台風は急速に発達していて、勢力を維持した状態で上陸する可能性があるので、厳重な注意が必要だ」と話しています。