将棋「王位戦」藤井聡太五冠制す タイトル防衛で“五冠”維持

将棋の八大タイトルの1つ、「王位戦」の第5局が行われ、愛知県瀬戸市の藤井聡太五冠(20)が同じ愛知県で一宮市出身の豊島将之九段(32)に勝って今年度3つ目のタイトル防衛を果たしました。

「王位戦」七番勝負は、タイトルを持つ藤井五冠に豊島九段が挑む去年と同じ顔合わせで、ここまで藤井五冠が3勝1敗として防衛まであと1勝に迫っていました。
第5局は5日、静岡県牧之原市で始まり、2日目の6日は後手の藤井五冠が前日の対局終了時に次の1手を書いた「封じ手」から再開しました。
藤井五冠が歩を繰り出すなどして先に仕掛けると、豊島九段も攻撃の芽を摘みながら攻めに転じる機会をうかがう展開となりました。
その後、双方とも持ち時間が残り少なくなる中、藤井五冠が攻撃の手を緩めることなく攻め続け、午後7時15分、豊島九段が128手までで投了。
藤井五冠が4勝1敗で制して「王位戦」3連覇を果たし、ことし5月の「叡王戦」、ことし7月の「棋聖戦」に続くタイトル防衛で「五冠」を維持しました。
対局後、藤井五冠は「『王位戦』は中盤がかなり難しく、長考しても分からない場面が多かったと思う。きょうの対局は自信がない将棋だったが、崩れずに指すことができた」と振り返りました。
一方、敗れた豊島九段は、「形勢が早い段階で悪くなってしまう将棋が多く、内容的にもよくなかった」と話していました。
藤井五冠の次のタイトル戦は10月7日から始まる「竜王戦」で挑戦者の広瀬章人八段(35)を相手に今年度4回目のタイトル防衛を目指します。