偽札の確認名目で金庫開けさせ 現金と金塊盗難 愛知・知立

3日午後、愛知県知立市で高齢の女性の自宅に金庫の中に偽札が紛れていないか確認するという名目で警察官を名乗る男が入り込み、女性が目を離した隙に男に金庫のなかにあった現金およそ1000万円とおよそ1点5キロの金塊を盗まれました。警察が窃盗事件として捜査しています。
警察によりますと、3日昼過ぎ、知立市の80代の女性の自宅に、警察を名乗る女から「金庫に偽札がまぎれているか確認させてほしい」などとする電話があり、その数分後に、警察官を名乗る男が1人で訪れたということです。女性が、男に金庫の中身を確認させたということですが、目を離した隙に男はいなくなり、金庫の中にあった現金およそ1000万円と時価1245万円相当のおよそ1点5キロの金塊がなくなっていたということです。不審に思った女性が50代の息子に電話で相談し、事件が発覚したということです。警察によりますと、男は白色の半袖Tシャツを着て、黒いズボンをはき、白いマスクを着けて黒いショルダーバッグを持っていたということです。警察が窃盗事件として捜査しています。
###