台風8号伊豆半島に上陸 東海では今後高波に注意

台風8号は13日朝から午後にかけて三重県、愛知県に接近したあと、午後5時半頃、静岡県の伊豆半島に上陸しました。
気象台では東海3県では今後、大雨のおそれはないとする一方、海上での高波への注意を呼びかけています。

気象庁によりますと台風8号は13日朝から午後にかけて三重県、愛知県に接近したあと、静岡県の御前崎付近を通過し、午後5時半頃、伊豆半島に上陸しました。
東海3県では台風の接近に伴い風速15メートル以上の強風域に三重県と愛知県の全域、岐阜県の一部が入り、暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定になってところどころ雨が降りました。
午後にかけて台風が遠ざかるにつれて、晴れる地域も多く、台風による被害や大きな影響は確認されておらず、気象台によりますと東海3県ではこの台風による大雨のおそれはなくなりました。
ただ今後も気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく雨が降るところもあり、14日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで愛知県、岐阜県、三重県で60ミリと予想されています。
また気象台は愛知県と三重県の海上では、13日夜遅くにかけて海上での高波への注意を呼びかけるとともに、三重県では14日気温があがる見込みで気象台などは熱中症の危険性が極めて高くなるとして厳重に警戒するよう呼びかけています。