愛知県 新型コロナ 医療体制手薄の盆期間中 平日日中受診を

新型コロナウイルスの感染拡大で医療機関への負担が大きくなる中、愛知県は、お盆の期間中、特に、休日や夜間は医療体制が手薄になることから、無症状や軽症の人は、平日の日中に、かかりつけ医を受診するよう呼びかけています。

愛知県では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って休日や夜間に、医療機関を受診する人が急増し、緊急に治療する必要がある患者に速やかに対応できないなどの事態も生じています。
こうした中、愛知県は、お盆の期間中も、発熱などの症状があり、感染が疑われる患者などへの医療体制を確保するとしています。
一方、特に、休日や夜間は医療機関の体制が手薄になることから、感染の疑いがあっても、無症状や軽症の人などは、平日の日中にかかりつけ医を受診するよう呼びかけています。
また、受診の際は、電話やオンラインでの診療を積極的に活用して欲しいとしていて、対応している医療機関の情報を、県のホームページで紹介しています。
また、休日や夜間に受診する必要がある場合は、地域の休日夜間診療所などへ事前に電話で相談をしたうえで、受診してほしいとしているほか、どこを受診すればいいか迷う場合は、地域ごとに設けられている「受診・相談センター」などに相談して欲しいと呼びかけています。