名大病院 助産師が不適切なことばで乳児にミルク与え動画投稿

名古屋大学医学部附属病院の職員が診療中の乳児に対し不適切なことばを発しながらミルクを与え、さらにその様子をSNSのインスタグラムに投稿していたことがわかり、病院は不適切な行為だったとして謝罪しました。

名古屋大学医学部附属病院によりますと、病院に所属している助産師は診療中の乳児に対して「こいつ」などとことばを発しながらミルクを与える様子を撮影し、個人のインスタグラムに投稿していたということです。
病院は不適切な行為だったとして8日、病院のホームページで謝罪しました。
病院は「このような事案が発生したことは誠に遺憾であり、患者やご家族の皆様をはじめ多くの皆様に大変不快で不安な思いをさせてしまい心よりおわび申し上げます」とコメントしています。
病院は今後、職員の処分について検討するとともに再発防止に努めるとしています。