JR岐阜駅・大垣駅で無料抗原検査

お盆期間中の新型コロナの感染拡大を防ごうと岐阜県は、5日からJRの岐阜駅と大垣駅に無料で抗原検査を受けられる臨時の拠点を設けています。
この検査拠点はお盆に人の動きが活発になるのにあわせて、岐阜県がJRの岐阜駅と大垣駅に設置しました。このうち岐阜駅の2階の通路に設置された拠点には8つのブースが設けられ、訪れた人たちは受け付けを済ませたあと自分で綿棒を鼻に入れて検体を取り担当者に渡していました。結果は10分ほどで出るということで、結果が書かれた紙を受け取っていました。
検査は無症状であれば、県内の人のほか、県外から帰省や旅行で訪れた人が無料で受けることができ、予約は不要で、陽性だった場合は医療機関を受診してもらうことにしています。検査を受けた岐阜市内の60代の男性は「簡単で、早く結果が出てよかった。もっといろいろな場所で検査を受けられるようにして欲しい」と話していました。また愛知県から帰省してきた男子大学生は「実家には高齢者もいるので検査で陰性が確認できてほっとしました」と話していました。
岐阜県感染症対策推進課の井戸有子主任は「お盆に旅行や帰省をされる際は検査で陰性を確認してから行くようにしてほしい」と話していました。この検査拠点は8月18日まで設置され、午前10時から午後3時まで受け付けています。