三重県 妊婦の感染急増 感染拡大続けば専用病床に影響も

三重県内では新型コロナウイルスに感染した妊婦が急増し、このうち入院している人は8月3日の時点で6人とこれまでで最も高い水準になっていることが県への取材でわかりました。
三重県内で感染した妊婦の出産に対応する専用病床は7床しかなく、県は妊婦や周囲の人たちの感染対策を徹底してほしいとしています。

三重県内では新型コロナウイルスの感染確認がきのう過去最多となるなど感染の急拡大が続いています。
こうしたなか妊婦の感染者は6月は26人でしたが、7月は143人と急増していることが県への取材でわかりました。
さらに、入院している人は8月3日の時点で6人と、これまでで最も高い水準になっています。
三重県内では感染した妊婦の出産に対応する専用病床は7床のみとなっています。
県によりますと、今のところ急きょ専用病床が必要となる妊婦への対応は可能な状態だということです。
しかし、今後も感染拡大が続くと感染した妊婦でも通常の新型コロナ専用病床しかない病院に移ってもらうなど支障が生じる可能性があるということです。
県は妊婦だけでなく家族や周囲の人たちにも感染対策を徹底してほしいとしています。