“「対策強化宣言」の今週中の発出へ協議” 愛知県大村知事

愛知県では、新型コロナウイルスの新たな感染確認が1万6923人となり、過去最多を更新しました。
大村知事は「大変厳しい状況だ」と述べた上で、「対策強化宣言」の今週中の発出に向け、政府や岐阜県、三重県と協議を進めていることを明らかにしました。

愛知県は2日、県内で新たに1万6923人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表し、先月28日の1万5675人を上回って過去最多となりました。
大村知事は記者会見で「感染者がずっと増え続けることはなく、先週くらいがピークだと思ったが、きのうもきょうも先週よりも増えていて、大変厳しい状況だ。ひとりひとりに感染対策に気をつけてもらい、ワクチン接種を進めて感染を抑えていきたい」と述べました。
その上で、新たに導入された都道府県による「BA.5対策強化宣言」の今週中の発出に向け、政府や岐阜県、三重県と協議を進めていることを明らかにしました。
このほか大村知事は、感染者の急増で検査体制がひっ迫していることから、お盆の期間中の今月5日から18日まで、JR名古屋駅や県営名古屋空港など5か所に、無料で抗原検査を受けられる検査所を設置し、あわせて2万8000人分の検査機会を確保すると説明しました。