三重県亀山市の名阪国道で8台関係の事故 3人が軽傷

30日午前、三重県亀山市の自動車専用道路の名阪国道でトラックなど8台が関係する事故が起きました。
消防によりますとこの事故で3人が病院に搬送されましたが、いずれもけがの程度は軽いということです。

30日午前11時20分過ぎ、三重県亀山市の自動車専用道路、名阪国道の下り線のトンネル内で「複数の車が絡む事故が起きた」と警察に通報がありました。
警察によりますと、乗用車が前を走るトラックに追突するなどあわせて8台が接触したということです。
消防によりますと、この事故で3人が病院に搬送されましたが、いずれもけがの程度は軽いということです。
現場は片側2車線のトンネルの出口付近で、警察がそれぞれの運転手から話を聞くなどして事故の詳しい状況を調べています。
この事故の影響で名阪国道の下り線は関インターチェンジと向井インターチェンジの間で3時間あまりにわたって通行止めとなりました。