三重県の伊賀鉄道でラベンダー香るアロマトレイン運行

三重県伊賀市を走る伊賀鉄道では市内にあるハーブガーデンのラベンダーの見頃に合わせて、車内にラベンダーの香りが漂う「アロマトレイン」を運行しています。
このアロマトレインは伊賀鉄道が伊賀市の青山高原にある観光施設のハーブガーデンとタイアップして運行しています。
ハーブガーデンではこの時期、およそ2万株のラベンダーの花が見頃を迎えていて、2両編成の列車のうち1両の車内をラベンダー畑をイメージして紫色のリボンや造花などで飾り付けています。
また、つり革の近くに吊るされた匂い袋からはラベンダーのさわやかな香りが車内に広がるようになっています。
車両に乗っていた女性は「出張で来ましたが、普段はこのような電車に乗れないので癒やされます」と話していました。
伊賀鉄道の中村光宏課長補佐は「ラベンダーの心癒やされるような香りで気分をリフレッシュして、梅雨を乗り切ってもらいたいと思います」と話していました。
伊賀鉄道のアロマトレインは7月10日まで運行されています。