中電 節電促進へポイント付与

この夏は電力需給が非常に厳しくなる見通しです。
このため中部電力は家庭での節電を促す必要があるとして、節電した量に応じて電気料金の支払いに使えるポイントを付与するなどの新たな取り組みを始めることになりました。

この夏の電力需給は10年に1度の厳しい暑さを想定した場合、中部電力の管内では安定供給に必要な予備率が3.1%と非常に厳しい見通しで、中部電力によりますと、発電所などでトラブルが発生した場合、安定供給に支障が出ることも懸念されるということです。
このため中部電力は、7月から家庭での節電を促す新たな取り組みを始めると発表しました。
それによりますと、▼電力需給の状況に応じて時間を指定する形で節電を依頼し、家庭での節電量に応じて電気料金の支払いなどに利用できるポイントを付与するとしています。
▼また、家庭での電力使用量を抑えるため、「レゴランド・ジャパン」「名古屋港水族館」「東山動植物園」などの各地の観光施設と連携してイベントを開催し、抽せんで無料招待するほか、▼家族が同じ部屋に集まって楽しむことができるオンラインのイベントも企画するということです。
こうした取り組みに参加するには、中部電力のウェブ会員サービスに登録する必要があるということで、中部電力では、「無理のない範囲で節電への協力をお願いしたい」と話しています。