愛知県 豊山町のトラブル受け県内の下水ゲート緊急点検へ

愛知県豊山町の地下の下水道で逆流を防ぐゲートが何らかの不具合で閉まり一時、生活排水があふれる恐れが出た問題を受け愛知県の大村知事は同様のゲートを緊急で点検する方針を明らかにしました。

豊山町豊場の地下の下水道で6日6日、水が逆流することなどを防ぐゲートが何らかの不具合で閉まり一時、生活排水が地表にあふれる恐れが出ましたが、7日夜、手動でゲートを開き、生活排水があふれる恐れはなくなりました。
これを受けて愛知県の大村知事は記者会見で「こうした事態が2度と起こらないよう緊急点検を進めるとともに、しっかり原因を究明して再発防止策を講じていきたい」と述べ、県内の下水道のゲートに不具合がないか緊急で点検する方針を明らかにしました。
県によりますと県が管理する下水道には同様のゲートが124か所に設置されているということです。
県は市町村に対してもそれぞれが管理する下水道のゲートを点検するよう文書で求めることにしています。