愛知 大府市 水道基本料を半年間無償に

愛知県大府市は燃料価格や物価が高騰し、市民生活が圧迫されているとして水道料金の基本料金を半年間無償にする方針を固めました。

無償になるのは、ことし9月に検針する分から半年間で、対象は、大府市と契約している全世帯、およそ3万5000世帯です。
使用量については、これまで通り請求されますが、水道料金の基本料金は2か月あたり税抜きで1200円に設定されていて、半年間で1世帯あたり、3600円の負担軽減になります。
今回の無償化について手続きは不要で、大府市ではおよそ2億円の費用を見込んでいます。
また、5000円の負担で6000円分の買い物ができる「プレミアム付商品券」を1世帯5冊を上限に、3万冊販売することも発表し、ことし7月から申し込みを受け付け、8月から販売を開始する予定です。
大府市ではこの2つの事業にかかるあわせて2億3300万円の費用を盛り込んだ補正予算案を今月開かれる市議会に提案することにしています。
大府市は「少しでも市民の負担軽減につなげたい」と話しています。