復興庁ワーキンググループが視察 課題は「語り部の伝承活動」

被災地の復興の支援について検討している復興庁のワーキンググループが27日、県内を視察しました。
しかし、視察の内容をめぐって復興庁と地元では意識の違いもあったようです。
仙台放送局の内山太介記者が解説します。
「宮城 NEWS WEB」でご覧いただけます。