秋葉復興大臣 公選法違反報道に「知るかぎり事実関係なし」

秋葉復興大臣は、去年の衆議院選挙で、車上運動員を務めた自身の秘書に報酬を支払ったと説明していますが、写真週刊誌の電子版は、説明とは矛盾する証言が得られたと報じました。秋葉大臣は、28日夜、「私の知るかぎりそのような事実関係はなかった」と説明しました。

28日公開された「FRIDAYデジタル」では、秋葉大臣が、去年10月の衆議院選挙で、車上運動員を務めた自身の秘書に労務への報酬を支払ったと国会などで説明したにもかかわらず、別の車上運動員からは、「この秘書とは同乗していない」などと、矛盾する証言が得られたとして、公職選挙法違反の疑いがあると報じました。
また、自身の次男が選挙の際に、法律で認められていないたすきをかけて街頭に立っていたとの指摘を国会で認め、「次男以外にはそういう人は1人もいないと断言していいと思う」と述べたことについて、元支援者は、「過去の選挙では秋葉大臣の弟を『影武者』として使っていた」などと証言したとも報じました。
こうした報道について、秋葉大臣は、28日夜、記者団から事実関係を問われ、「確認してから正確にお答えしたい。ただ、私の知るかぎりそのような事実関係はなかった」と説明しました。