雇用調整助成金7800万円余を不正受給 仙台市の会社

整骨院などを運営する仙台市の会社が、実際は働いている従業員を休んだなどとうその申告を行い、新型コロナウイルスの雇用調整助成金7800万円あまりを不正に受け取っていたとして、宮城労働局は、この会社への支給の決定を取り消し、返還を命じました。
会社側は不正を認め、すでに一部を返還しているということです。

不正受給が明らかになったのは、整骨院やマッサージ店などを運営する仙台市の医療業「GreenーRoom」です。
宮城労働局によりますと、この会社は、実際は働いている従業員を休んだとうその申告をしたほか、実際には行っていない教育訓練に行ったとうその申告をして、新型コロナの影響を受けた事業者を対象にした雇用調整助成金、あわせて7847万円あまりを不正に受け取っていたということです。
宮城労働局は、申請した事業者を対象に行う実地調査で不正を把握し、ことし5月、会社への支給の決定を取り消し返還を命じました。
会社は不正受給を認め、すでに受け取った助成金の一部を返還していて、今後、全額を返還する意向を示しているということです。
会社は、4日、ホームページで「制度の趣旨を損ない、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。さらなる対応策の検討および実施を継続し、全社一丸となって信頼回復に努めて参ります」とコメントを発表しました。