観光バラ園で400種類の花が見ごろに 蔵王町

蔵王町にある観光バラ園では、ピンクや赤などおよそ400種類の花が見ごろを迎えています。

蔵王町遠刈田温泉にある蔵王酪農センターでは、観光客に楽しんでもらおうと、毎年、広さ1ヘクタールほどのバラ園にさまざまな種類のバラを植えて育てています。
園内では、およそ400種類、1800株のバラが先月下旬から咲きはじめ、見ごろを迎えています。
このうち、鮮やかな色の花を咲かせ、香りの強い「イングリッシュローズ」や、バラの原種に近いとされる「オールドローズ」などの品種が咲きそろいはじめていて、訪れた人たちは、園内を散策しながら花を眺めて楽しんでいました。
岩沼市から訪れた50代の男性は「いろんな色や形のたくさんのバラがあって、とてもきれいでした。日頃の疲れが癒やされます」と話していました。
蔵王酪農センターのバラ園は入場は無料で、今後の天候にもよりますが、今月いっぱいはきれいな花を楽しめそうだということです。