宮城県内 夕方にかけて大雨に注意・警戒を

湿った空気の影響で、27日の宮城県内は昼前から夕方にかけて警報級の大雨となるおそれがあります。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するよう呼びかけています。

仙台管区気象台によりますと、27日の県内は気圧の谷が通過し、温かく湿った空気が流れ込む影響で激しい雨が降り、雨雲が予想以上に発達した場合は警報級の大雨となるおそれがあります。
午前7時までの1時間には▼気仙沼市で4.5ミリ、▼石巻市雄勝で3ミリと▼栗原市耕英で2.5ミリ、すでに雨が降り始めている地域もあります。
県内では多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みで、ピークは昼前から昼過ぎと見込まれています。
また、28日午前6時までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで▽西部で80ミリ、▽東部で60ミリと予想されています。
気象台は、27日昼前から夕方にかけて警報級の大雨となるおそれがあるとして土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意・警戒するよう呼びかけています。