ストーリー野球

日本ハム 伊藤大海 ドラフト1位ルーキーは “野球の虫”

2021-02-09 午後 06:25

日本ハムの伊藤大海投手は、球団として初めて、地元・北海道からドラフト1位で入団したルーキー。最速156キロの速球に多彩な変化球を操る右ピッチャーで大学の日本代表に選ばれた経験もあり、即戦力として入団しました。

 

 

キャンプでは、その力が評価通りか注目を集め、栗山英樹監督が間近で投球を見守ったほか、2年連続で最高出塁率のタイトルを獲得している近藤健介選手もわざわざブルペンに来て、投球を見学しました。伊藤投手は第1クールでは、2日目、4日目でブルペン投球。十分な回転数から生まれる伸びのある速球、カットボール、ツーシーム、カーブ、2種類のスライダー、フォークボール、チェンジアップを投げて器用さも見せました。

日本ハムOB 田中賢介氏も期待 本人は・・・

 

 日本ハムOBで、NHK野球解説の田中賢介さんは期待を寄せています。

 

初めて見た率直な感想としては本当に即戦力のドラフト1位が入ってきたなという印象。球種が非常に豊富で、どれをとっても1軍で使えるような球種でボールに力がある。先発起用からいってもおもしろいのではないか

 

 

しかし、伊藤投手は「ブルペンで気持ち良く投げても自己満足でしかない。その先を見据えて準備をしていきたい」と周囲の評価に満足せず。

 

バッターと対戦したときの自分をイメージして言葉を選び、ルーキーらしからぬ精神的なたくましさも見せました。

ルーキーは “野球の虫”

こうした考え方はどこから生まれてくるのか。実は、伊藤投手についてはピッチャーとしての能力はもちろん、野球への姿勢も高く評価されています。

 

日本ハムのスカウト陣は、苫小牧駒澤大学という野球で強豪とは言えない環境で、みずから考えて練習し、成長してきた伊藤投手にプロでも大成する可能性を見てとっていました。

 

 

その姿勢は、キャンプ中でも随所に見られました。例えば、ブルペンで投球を終えたあとにすぐに行うのは、メモ帳への書き込み。

 

自分にしかわからない投球の感覚をはじめ、踏み込んだ足の位置、次回に向けた修正点、キャッチャーからもらったアドバイスと成長の糧になる内容を記憶が鮮明なうちに書き出して、再現性を高めるようにしているのです。

伊藤 投手

「その時に思った感覚と、夜に思い出す感覚とは違ったこともある。箇条書きでもいいから、その時に思ったことを忘れないようにして、少しでも成長につなげたい。これから生きていくなかで、野球がメインになるので、その分だけ野球に熱くなり、どんどん深く探っていきたい」

調整方法にこだわりも

プロでは、ブルペンでの投球を重ねてボールの球威や変化球の精度をあげていく調整方法を好むピッチャーが多くいますが、伊藤投手が重視し、こだわりを見せるのは、キャッチボール。

 

ウォーミングアップとして行われるキャッチボールで、ほかの日本ハムの先輩ピッチャーが 距離をどんどん伸ばして、遠投に入っていくなか、伊藤投手はあくまでも自分のペース。

 

5メートル刻みで距離を伸ばし、1球1球に集中しながら、投げるという作業を繰り返します。伊藤投手は、キャッチボールが投球する際の体重移動や指のかかりぐあいなどを確認するうえで重要だと考えているのです。

 

 

これと同じ考えをしているのが、日本ハムの選手として先輩にあたる大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手です。

 

大谷選手はエンジェルスではほかのピッチャーとは別にキャッチボールを行い、時間と球数をかけて、フォークボールなどの変化球も投げて、投球フォームや指の感覚を確認します。

 

 

大谷選手本人の言葉を借りれば、「投げ心地(ごこち)」を確認する作業でもあり、ピッチャーとしてうまくなるにはキャッチボールが大事という考えも持っています。

 

思い起こされるのは、大谷選手もエンジェルスのロッカールームで分厚い黒の手帳に、ピッチング、バッティングの内容や対戦相手の印象などを書き込むようにしていたことです。

 

メモを細かく残し、キャッチボールにこだわりを持つ。2人には共通点があり、伊藤投手も先輩のあとを追ってほしいと思います。

意外な一面も アイスブレイクに

そして、伊藤投手の意外な一面は、入団前まで、みずからの練習方法などをインターネット上で公開していたことです。これをてこに、伊藤投手に積極的に声をかけたのが、将来のエース候補で、3年前にドラフト1位で入団した吉田輝星投手。

 

 

20歳の吉田投手は、伊藤投手より3歳年下ですが、あいさつでは、「きょうは映像取らないんですか」

 

伊藤投手を”いじっている”ことを、みずから明らかにしましたが、そこには単に、周囲を笑わそうという意図だけではなく、伊藤投手への気遣いもあります。

 

吉田投手は「自分が新人で入ったときは、やりづらかったというか、一番年下で、先輩ばかりで自分から話しかけられなかった」と明かし、伊藤投手が早く溶け込めるように、あえて”いじっている”のです。

 

 それに対して、伊藤投手は、「気を遣わせて、すいません」

 

年上の伊藤投手は、吉田投手はプロでは先輩だとして、多少の無礼も受け入れたうえで「2人で右ピッチャーの中心になっていきたい」と目標を口にしています。

 

 

伊藤投手のプロ生活はまだ始まったばかり。“野球の虫”が言葉通りに、日本ハムの中心選手へと成長していけるのか、これからも注目していきます。

          

 

この記事を書いた人

雁田 紘司 記者

平成15年 NHK入局 鳥取局、スポーツニュース部、静岡局、アメリカ総局で勤務。

大リーグの取材は通算6年担当。現在は札幌局で日本ハムを担当。

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!