ストーリーパラスポーツ

強者ぞろいの階級で代表の座へ パラテコンドー・田中光哉

2021-03-03 午後 06:00

パラテコンドーの田中光哉(みつや)選手(27)。

 

体重を3か月で13kgも落とす減量をし、75 kg級だった階級をひとつ下げ、61kg級に変更しました。理由は、他選手との体格差によるケガが絶えなかったこと。田中選手本来の動きを生かすためには、減量をしてでも階級を下げた方がいいという、師範のホン・グンソク(洪君錫)さんの戦略です。

 

しかし、61kg級は日本のパラテコンドーをけん引してきた伊藤力(ちから)選手もいる、強者ぞろいの階級。この階級で東京パラリンピック代表の座を勝ち取るために、田中選手は、減量前から課題となっていた、ある弱点を克服する必要がありました。

 

東京パラリンピック代表権獲得がかかった大一番。田中選手は弱点を克服し、日本代表の座をつかむことができたのでしょうか?

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。

2020年5月4日「ハートネットTV パラマニア2020

内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「テコンドー」特設ページ公開中!

この記事に出ている選手

田中 光哉

田中 光哉

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!