ストーリーパラスポーツ

1964年東京パラリンピックのカラー映像発見!

2021-03-01 午後 06:00

1964年に開催された、東京パラリンピック。当時の熱戦の様子が記録された、色鮮やかな「カラーフィルム」が発見されました。

 

フィルムは当時の厚生省が記録したもので、発見したのは細谷晃宏さん。父親の公夫さんが、当時多くの日本選手を輩出した「国立箱根療養所」で写真技師として働いており、フィルムを大切に保管していました。

 

映像には、「開会式」や「車いすバスケットボール」、「車いすフェンシング」などの競技の模様に加え、「ダーチャリー」や「やり正確投げ」など、今ではもう行われていない競技の映像も。
さらには、当時の外国人選手と日本人選手が置かれた、社会状況の違いも紹介されています。

 

当時の選手たちの姿、臨場感あふれるカラー映像でご覧ください。

 

 

この記事は以下の番組から作成しています。内容は放送時のものとなります。

2020年4月6日「ハートネットTV パラマニア

 

東京パラリンピック特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!