ストーリーパラスポーツ

パラバドミントン・選手の活躍を支える独自のルールや工夫とは?

2020-06-10 午前 11:00

東京2020パラリンピックで初めて正式競技に採用された「バドミントン」。シャトルを打ち合って得点を競う、スピード感あふれる競技で、トップ選手が放つスマッシュは、初速300km以上と言われています。


車いすの選手、義足をつけた選手など、多彩な選手が、多彩な戦いぶりをみせてくれる「パラバドミントン」。さまざまな選手がいるからこそ、パラバドミントン独自のルールや工夫があります。車いすの動きに合わせたコートのルール、ネットに施された工夫など、ぜひ動画でチェックしてみてください。

 

 

また、車いすの選手の試合では、試合の合間に、ある独特な光景が見られます。それは、車いすの選手がその場でクルクル回るというもの。実はこの動き、試合でいいパフォーマンスをするための工夫なのです。果たして、クルクル回ることが、なぜいいパフォーマンスにつながるのでしょうか?

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。

2020年3月9日「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「バドミントン」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!